back to top

目の中から見つかったのは…30年近く前に入れたコンタクトレンズ!?

嚢胞の中に何十年も前のレンズを見つけて、医師もびっくり。

コンタクトレンズを使ったことがある人なら誰しも、必ず1回は考えたことがあるだろう。「レンズが目の中から取れなくなったらどうしよう!」心の準備はいいかい?

BMJ Case Reports 2018

英医学誌「BMJ Case Reports」に投稿された症例によると、イギリス在住の女性(42)の目に、28年間もコンタクトレンズが入ったままになっていた。しかも、この女性は28年間、レンズの存在に気づかなかった、という。

左の上瞼が腫れ、軽い眼瞼下垂症の症状もみられたため、この女性は眼科を訪れた。上の瞼が垂れ下がってきていたのだ。腫れは豆粒くらいのしこりから始まり、次第に大きくなり、触ると痛くなった。

MRI検査をしたところ、左目の上に嚢胞と思われる塊を発見。摘出するための手術をしたところ、嚢胞の中から驚くものが出てきた。

BMJ Case Reports 2018

嚢胞を取り出すと、中から欠けたコンタクトレンズが現れた。

出てきたレンズは、酸素透過性コンタクトレンズだった。近年よく使われているソフトコンタクトレンズとは異なり、酸素透過性コンタクトレンズは1960年代に使われ始めた古いタイプのレンズだ。

最近のレンズよりも硬く、最初は目に入れると違和感がある。そして、うっかり、目から落ちやすい。

こうして、この女性の目に28年もの間、レンズが入っていたことを医師が発見した。

患者が最後にこのタイプのレンズを装着したのは、14歳のころだった。

いま思い返すと、バドミントンのシャトル(羽根)が目に当たったとき、誰もがレンズは落ちたと考えていたが、それは大きな間違いだった。

「この外傷を受けたときに、レンズが患者の左上瞼へ移動し、28年間そこにあった、と推測できます」と英国ダンディー大学眼科のシルジュン・パテル医師らは書いている。

驚くべきことに、目の上の腫れが確認されるまで、瞼が少し垂れていること以外におかしな点は何もなかった。

BMJ Case Reports 2018

目が腫れ始めた原因については分かっておらず、もし腫れなければ、レンズは見つからなかったかもしれない、とこの症例を報告した医師らは書いている。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan

Lauren Strapagiel is a reporter for BuzzFeed News and is based in Toronto, Canada.

Lauren Strapagielに連絡する メールアドレス:lauren.strapagiel@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.