王子との結婚は楽じゃない イギリス王室へ入ったメーガン・マクールができない11のこと

    自撮りすらできないなんて。

    1. 自撮りをあげることは、もうできない。

    meghanmarkle_hd / Via instagram.com

    エリザベス女王はどうやら自撮りがお好きではないらしい。

    2. 1人で買い物することもできない。むしろ、1人で出歩くことも難しい。

    meghanmarkle_hd / Via instagram.com

    3. 自分のSNSアカウントも持つことはできない。

    meghanmarkleupdates / Via instagram.com

    結婚式の前、彼女はすべてのSNSアカウントを閉鎖した。ハリー王子との関係性が深まるなかで、彼女はそれまで非常に積極的だったSNSでの活動を少しずつ控えるようになっていた。

    4. 選挙に投票することもNG。

    5. 派手なネイルをすることもダメ。

    Chris Jackson

    エリザベス女王はネイルもあまりお気に召さないよう。ハリー王子のプロポーズを受けて以降、控えめな色を身にまとうように。

    6. サインに応えることも、もうない。

    7. 女王より先に寝ることもできない。

    8. ミニスカートも着れないなんて!

    Wpa Pool / Getty Images

    短いドレス、ショートパンツなどを身に着けることは禁じられている。実際のところ、ハリー王子と婚約してから彼女の服装はルールに沿ったものに変化した。

    9. 生足はもちろんダメです。

    10. 女優としてのキャリアは諦めなくてはならない。

    USA

    彼女は「これは変化の1つ。人生の次のステージへ進むということ」だとコメントしている。

    11. 足を組んではいけない。

    なんてこった、生活の変化ハンパないな。

    USA

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:千葉雄登