競馬の知られざる一面 馬にかかる負担がオーストラリアで明らかに

    人間にとっては楽しいイベントも、馬にとっては地獄かも?

    Callipso / Getty Images

    1. オーストラリアの競馬場では、平均して3日に1頭の馬が死亡している。

    2. 2017年8月から2018年7月までの間、オーストラリアの競馬場では119頭の馬が死亡している。

    3. 死亡している馬の約半数(56頭)の死因は、致命的な前肢の損傷によるものだった。一方、16頭の馬は疲労によって倒れ、11頭は心臓発作により死亡していた。

    4. ニューサウスウェールズ州は、52頭と死亡数が最も多い。ビクトリア州とクイーンズランド州では、それぞれ24頭の馬が死亡していた。

    5. 2016年7月から2017年7月までの間、137頭の馬が競馬場で死亡している。

    6. 競走馬は供給が過剰になっており、競走馬として飼育されるも、一度もレースに出ることのできない馬が毎年2000頭近くいる。そして毎年8500頭近くが、レースを引退している。これらの馬は「無駄」だとされ、殺処分されることが多い。

    Darius Murawski / Getty Images

    7. 英国動物虐待防止協会(RSPCA)は、鞭が馬に痛みを与え、時に一生残る損傷を引き起こすことがあると主張している。ある研究によると、レースの間にパッドの付いていない鞭のシャフトが馬の皮膚に接触している確率は64%を占めている。そして鞭を使った場合の80%で、馬の体にはっきりと見えるへこみができていたと報告されている。

    8. またRSPCAは、舌縛り(馬の舌を一定の位置に保持する装置)と騎手のブーツの金属製のスパーの使用にも反対している。ある研究では、舌縛りを使用した馬は舌縛りを使用していない馬と比較し、明らかに苦痛を受けているという結果が示されている。

    9. 学術誌「Australian Veterinary Journal」に掲載された研究では、オーストラリアの競走馬は骨の損傷と疲労の罹患率が「非常に高い」と示されている。

    10. まだ発育途中の2歳の時にレースに出なければいけない馬は、負傷とそれによる死亡のリスクが極めて高くなっている。

    11. トレーニング中、馬は1日のほとんどの時間を1頭だけの馬小屋の中で過ごす。この環境は馬に精神的苦痛を与える可能性があり、典型的にはさく癖などの悪習癖や、自傷行為として現れる。

    Fatcamera / Getty Images

    12. 競走馬には胃潰瘍が非常に多い。 研究対象になった馬の89%が胃潰瘍に罹患していると「The Veterinarian 」で報告されている。

    13. 負傷した馬は、オーナーが今後得ることができる収益よりも、生かしておくコストが上回る可能性があるため、リハビリが可能な場合でも安楽死させられることが多い。

    14. メルボルン大学のグループが行った研究では、競走馬の50%が気管内に血液が入っており、90%が肺に血液が入っていた。

    これらの事実は特に明記しない限り、RSPCA競走馬保護連合が調べたものです。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。