• English badge

【対訳付き】これまで歴史を動かしてきた抗議ポスター 見えてくるのは人々の不満だ

BuzzFeedの海外記事を英語と日本語でお届け!ベトナム戦争から、最近のウィメンズ・マーチまで、歴史が変わる転機となった抗議ポスターの数々をご紹介します。どれもクリエイティブでメッセージを的確に伝えるものばかりです。(英文の下に翻訳文あり)

【重要単語・表現】protest: 抗議(する)by no means: 決して〜ではない
cultural significance: 文化的意義
gun control: 銃規制
imperialism: 帝国主義
colonialism: 植民地主義
patriotism: 愛国主義
disenfranchisement: 公民権・選挙権剥奪darkness of Capitalism: 資本主義の闇

On Jan. 21, 2017, millions of people across the world took to the streets in the first-ever Women’s March, carrying with them a colorful array of signs expressing criticisms and viewpoints on the current political landscape. As with other recent demonstrations, today’s protest signs are noted for their creativity and humor, often poking fun at political leaders and utilizing the language of the internet and meme culture to help share the message via social media.

While today’s protest posters have indeed evolved with new media, they are by no means the first to visualize the frustrations of the masses. To illustrate how past generations have expressed their ideas through posters, Angelina Lippert, chief curator of the Poster House museum in New York City, which is expected to open to the public in 2019, has shared with BuzzFeed News some of the most iconic protest posters from history and her words on the cultural significance of these designs.

1. “Eat,” 1967

The Library of Congress

Acclaimed artist and writer Tomi Ungerer created numerous posters protesting the war in Vietnam, each one more brutal and jarring than the next. Here, the white arm of America is shown shoving the Statue of Liberty down the throat of a Vietnamese citizen.

2. “Silence = Death,” 1987

Poster House Collection

This poster, created in 1987 by a group of six gay men in New York City to draw attention to the AIDS crisis, harkened back to the pink triangle’s use in Nazi concentration camps to identify homosexual prisoners — a symbol that was reclaimed by the LGBT community beginning in the 1970s as a symbol of pride.

The poster was adopted by the AIDS Coalition to Unleash Power, or ACT UP, after its formation, when several of the original creators joined the group, and remains an iconic emblem of the movement.

3. “We Will Not Be Silenced,” 2017

Poster House Collection

Last November, boutique branding agency ThoughtMatter decided to use their graphic design skills to produce posters that protesters could download and print for use at the many Women’s Marches that took place in January.

They donated 15,000 posters to organizations around the country and went on to create another series of posters, advocating for gun control, for the March for Our Lives, which was featured in Poster House’s #HotPosterGossip window display earlier this year.

4. “An Attack Against One,” circa 1970

The Collection of Merrill C. Berman

Created by a member of the Black Panther Party around 1970, at the peak of the Panthers’ popularity, this is one of the more lasting images from the period, in part because its unfortunate cultural relevance persists to this day.

5. Nixon series, 1971

EPW Studio

Translation: Continental Day of Support to Vietnam, Cambodia, and Laos, October 15–21, by the Continental Organization of Latin American Students. 


Part of a series of posters calling for solidarity between young Cubans and an array of peoples from other countries, each was created in support of human rights and the fight against globalization, imperialism, and colonialism. Here, Nixon is shown with the dead bodies of faceless Southeast Asians on his mind.

6. “Frontieres = Repression,” 1968

Courtesy of the National Library of France

The events of May 1968 in France were a cultural turning point for the country. What began as student protests eventually became a national movement, with worker strikes bringing the country to a halt. This poster, which reads “Borders = Repression,” was created by students at the École des Beaux Arts, one of many similar posters that flooded the Parisian streets.

7. “Come Together in Peace,” 1968

Harvard Art Museums / Fogg Museum, Gift of Vivian and Lionel Spiro

In 1968, students gathered at the Rhode Island School of Design to create posters in protest of the Vietnam War. Hastily silkscreened in black and red, they were largely inspired by the May ’68 posters done in Paris earlier that year.

8. “War Waste Energy,” 1981

Poster House Collection

In the 1970s and ’80s, Japanese artist Masuteru Aoba created a series of protest posters focusing on nonviolence and environmentalism, including this one, in 1981. His chief goal was to create a more empathetic society. The work was so well received that he was asked to create the official poster for the 1998 Winter Olympic Games in Nagano.

9. “End Bad Breath,” 1968

Poster House Collection

One of graphic designer and illustrator Seymour Chwast’s most notable designs, he created this poster in 1968 in protest of the Vietnam War. Shown is Uncle Sam — the traditional symbol of American patriotism — with his mouth open to reveal planes bombing a small village.

10. “Brown Power Tone,” 1965

Angelina Lippert

On Aug. 11, 1965, Marquette Frye — a young black man on parole for robbery — was pulled over in Los Angeles by police for reckless driving. The incident escalated, attracting the attention of the neighborhood, and eventually resulting in what would be known as the Watts riots.

More than an outburst against a random act of police brutality, the riots were a reaction to the heightened racial tensions and disenfranchisement in Los Angeles. David Weidman created this poster as a tongue-in-cheek response to the issues at play.

11. “Le Capitalisme Sombre,” 1968

National Library of France

Another image from the protests of May 1968, this French design, by an anonymous protester, calls for continuing the struggle against the “darkness of Capitalism” as the protests devolved into street fighting between police and activists. The situation continued to devolve until then-president Charles de Gaulle himself was forced to secretly escape to Germany, before the announcement of new parliamentary elections brought an end to the demonstrations.

【日本語訳】

1. 「Eat」(食べろ)1967年

The Library of Congress

著名なアーティストで作家のトミー・ウンゲラーは、ベトナム戦争に抗議するポスターを多数制作しており、その痛烈さと衝撃度は作品を重ねるごとに増していった。

このポスターには、アメリカ人の白い手が、自由の女神を、ベトナム人の喉に無理やり押し込もうとしている姿が描かれている。


2. 「Silence = Death」(沈黙は死)1987年

Poster House Collection

ニューヨークのゲイ男性6人が、エイズの危機への関心を高めようと1987年に制作したもの。

ピンク色の三角形は、ナチスが強制収容所で同性愛者を識別するために使っていた印を思い起こさせるものだ。この三角形は、1970年代からLGBTコミュニティが、誇りの象徴として再生させて使ってきたシンボルでもある。

このポスターは、エイズ患者の権利拡大を訴える団体「ACT UP(AIDS Coalition to Unleash Power/力を解き放つためのエイズ連合)」が設立された際に、ポスターの制作メンバーの一部がこの団体に加わったために採用された。

今も、このムーブメントを象徴するイメージとなっている。


3. 「We Will Not Be Silenced」(私たちを沈黙させることはできない)2017年

Poster House Collection

ブランディングを専門とする広告代理店ThoughtMatter社は2017年11月、このポスターを制作し、2018年1月のウィメンズ・マーチに参加する抗議者たちがダウンロードして使えるよう配布することを決めた。

同社は、全国15,000の組織にポスターを寄付したほか、銃規制を訴える「March for Our Lives(私たちの命のための行進)」のポスターも制作した。

その作品は、ポスター・ハウスの「#HotPosterGossip」(ホットなポスターのウワサ)と題されたウィンドウ・ディスプレイにも飾られた。

4. 「An Attack Against One」(ひとりに対する攻撃)1970年頃

The Collection of Merrill C. Berman

黒人民族主義を掲げるブラックパンサー党のあるメンバーが、同党の人気がピークに達していた1970年頃に制作したポスター。

ブラックパンサー党は革命による黒人解放を訴え、貧困層の児童に対する無料の食事配給や治療費が無料の病院の開設などを行った。

当時のポスターのなかでも特にこの作品が今に残っているのは、こうした不幸な文化的問題が今日まで続いているからでもある。

5. 「Nixon series」(ニクソン・シリーズ)1971年

EPW Studio

キューバの団体「Continental Organization of Latin American Students」(ラテンアメリカ学生の大陸組織)が制作したポスターには「10月15日~21日は、ベトナム、カンボジア、ラオスを支援する大陸の日」と書かれている。

若いキューバ人たちと、他国の人々の連帯を呼びかけるシリーズのうちの1枚だ。他にも、人権支援をしよう、グローバリゼーションや帝国主義、植民地主義に立ち向かおう、と訴えるポスターなどが作られた。

この作品には、顔の見えない東南アジア人たちの死体を思い浮かべているニクソンが描かれている。

6. 「Frontieres = Repression」(最前線は抑圧)1968年

Courtesy of the National Library of France

1968年5月に起こった五月革命は、フランスにおける文化の転換期だった。

学生運動の発端となったこの動きは全国に拡大し、労働者たちのストライキによって国は麻痺状態に陥った。

「最前線は抑圧」と書かれたこのポスターは、国立高等美術学校であるエコール・デ・ボザールの学生が制作したもの。当時は、同じようなポスターがパリの街に溢れかえっていた。

7. 「Come Together in Peace」(平和の下に団結しよう)1968年

Harvard Art Museums / Fogg Museum, Gift of Vivian and Lionel Spiro

1968年、アメリカのロードアイランド・スクール・オブ・デザインに学生たちが集まり、 ベトナム戦争に抗議するポスターを制作した。

黒と赤を使い、シルクスクリーンで急いで刷られたこのポスターは、同じ年にパリで制作された五月革命のポスターに大きな影響を受けている。

8. 「War Waste Energy」(戦争はエネルギーの無駄使い)1981年

Poster House Collection

日本のグラフィックデザイナー、青葉益輝は、1970~1980年代にかけて、非暴力や環境保護を訴えるポスターを数多く制作してきた。1981年に制作されたこちらの作品も、そのひとつ。

彼が一番に目指していたのは、人の気持ちをもっと思いやる社会を作ることだった。

こうした作品が好評を博し、1998年の冬季長野オリンピック公式ポスターの制作は青葉に依頼された。

9. 「End Bad Breath」(口臭を終わらせろ)1968年

Poster House Collection

グラフィックデザイナーでイラストレーターでもあるシーモア・クワストのもっとも有名なデザインであるこのポスターは、1968年にベトナム戦争への抗議の意を込めて制作された。

アメリカにおける愛国心の伝統的シンボルであるアンクル・サムの口が開いており、その中では、小さな村が飛行機から爆撃を受けている。

10. 「Brown Power Tone」(ブラウン・パワーの色合い)1965年

Angelina Lippert

1965年8月11日、強盗容疑を受けて仮釈放中だった若い黒人男性、マルケット・フライが、無謀運転をしていたとして、ロサンゼルスで警察に停車を命じられた。

この事件がエスカレートし、近隣住民の注目を集め、最終的には「ワッツ暴動」と呼ばれる事態にまで発展した。

この暴動は、単に警察のやみくもな残虐行為に対する怒りの爆発というだけではなく、ロサンゼルスで高まっていた人種間の対立、黒人の権利が奪われていることへの反発でもあった。

デビッド・ウェイドマンによるこのポスターは、当時進行中だったこうした問題を皮肉って作られたものだ。

11. 「Le Capitalisme Sombre」(資本主義の闇)1968年

National Library of France

こちらも、1968年の五月革命にまつわる作品だ。

無名の抗議者がフランスで制作したこのポスターは、事態が警察と活動家たちとの市街戦へと激化していく中で、「資本主義の闇」に対する闘争を続けよう、と呼びかけている。

その後も事態は激化の一途を辿り、ついには当時の大統領、シャルル・ド・ゴールが密かにドイツに逃れてから議会の解散を発表し、デモを鎮圧する運びとなった。

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:半井明里/ガリレオ、編集:BuzzFeed Japan