Posted on 2018年2月4日

    20人の職場を覗いてみたら、それぞれが個性的だった。

    仕事机に個性が光る。

    BuzzFeedの読者に、仕事机を見せてもらいました。使っている端末、壁に張られたアート、でっかいぬいぐるみ、みんな違ってみんないい。

    1. お家オフィス。

    buzzfeed.com

    在宅勤務で働いているので、家の中に仕事するときにだけ使う専用スペースが必要です。デスク周りはスッキリさせたいけど、ちょっとした飾りも置いてます。

    janets490561027

    2. ユニークさと真面目さのバランス。

    buzzfeed.com

    一緒に働く年齢が幅広いので、専門家っぽさと心地よさ、ちょっとしたユニークのバランスを心がけています。アイスコーンは、イラっとしたときにギュっとするやつ。手帳は、ban.doのものでキラキラ。ボードには、インスピレーションとなる写真やアートを。壁の地図は、私が今生活している場所で、ファースト・ネーション(カナダの先住民族)の領土を表したもの。

    starf

    3. インスピレーションの元、好きなアートを貼りまくる。

    buzzfeed.com

    最高の壁

    m434586ed4

    4. クローゼットをワークスペースとして活用。

    5. 居心地のよさ重視。

    buzzfeed.com

    幸せになれる場所。読書や執筆、イラスト描きなどができる、実用的かつ1日の終わりにリラックスできる場所。

    sarahy44ca7d781

    6. 友人のアートから刺激。

    buzzfeed.com

    個人経営しているので、仕事をする環境は創作意欲を刺激してくれる場所であることが重要。友達のアート作品を飾っています。

    oliviam41e2cb914

    7. 心地よいザワザワ感。

    buzzfeed.com

    仕事するときは、お気に入りのカフェに行きます。適度な騒音が、集中力を高めてくれる。さらに、ここのコーヒーとスイートポテトフライが美味しい!

    ellieb471fc9379

    8. きっちり整理整頓。

    9. 整理整頓と雑然のバランス。

    buzzfeed.com

    一言で表現すると、整理整頓カオス。散らかりすぎても、きっちりしすぎても無理。ちょっとした雑音が必要だから。

    elainee4f28d531c

    10. 自分だけが感じるごちゃごちゃ感。

    buzzfeed.com

    デスク周りはこんな感じ。ぐちゃぐちゃ。でも、それが好き!

    louiseandthemightycat

    11. 好きなもので満たす。

    buzzfeed.com

    Funkoのオモチャとブランケットのおかげで、コーディングするのも絵を描くのもやりやすい。家の中のこのスペースは、真の自分の居場所って感じがします。

    krystynae

    12. 自分らしい椅子。

    13. DIY。

    buzzfeed.com

    母と私(ほぼ母)で作ったデスク。看護学校に通っている間、ここで勉強していました。ペイントと棚の金具以外は、家にあったものを使ったのでコストは20ドルほど。

    katherynb4bf806e53

    14. デスク周り=頭の中。

    buzzfeed.com

    片付いている中で、自分らしさを表現。デスクまわりがごちゃついている時は、私の頭の中もごちゃついている時!

    tiffanyn4f6f7ac83

    15. 実用的かつ見た目もいい。

    buzzfeed.com

    フリーのグラフィックデザイナーなので家で仕事しています。せまいアパートの部屋で、実用的かつ見た目も悪くないスペースを作るのには苦労しました。

    jackiej414f1f042

    16. 色とりどりの作業場所!

    17. 付箋がすべて。

    buzzfeed.com

    メモを貼っておきます。でないと、エクセルや会議のコツなどを忘れてしまう。

    faiths4f721ebaa

    18. センスある整然さ。

    19. 教室の隅を自分スペースに。

    20. 好きな人たちの写真に囲まれて。

    buzzfeed.com

    家族や友人の写真を飾るのが好き!

    katyp417619241

    この記事は英語から翻訳されました。
    翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan