子どもの頃、口には出さなかったけど、恐れていた10のこと

    特に映画を見た後は、想像力は刺激されて、やばい

    by ,
    Flo Perry / BuzzFeed

    1. 寝てる時、素足が布団から出ていると、お化けとか怪物に足をつかまれる。

    2. おもちゃが夜動きして、昼間の復讐をされる。

    3. 自分の影が今にも動きだして、自分から離れてしまう。(あの映画の見過ぎ)

    4. 何年も放置したファービーが、夜大きくなって、目の前で「ファービー」って怒りだす。

    5. 消費期限が1日すぎたお菓子を食べちゃって、下痢になるのではとソワソワする。

    6. 通気孔から誰かが入ってくる。

    7. 突然、目の前にブラックホールが現れる。

    8. 家族の誰かがスパイで、家族全員の命が実は狙われている。

    9. 暗闇が未だに怖い。

    10. 怖いことが沢山あったけど、大人になるのが一番怖かった。

    この記事は英語から翻訳・編集されました。