パリス・ヒルトンのInstagramを真似て生活しようとした僕に起きたこと

    自分の夢を生きるんだ。

    アメリカのスーパーセレブ、パリス・ヒルトン。パリスのInstagramは世界で最もアツい。

    そんなパリスのインスタに惹きつけられる僕は、BuzzFeedのロンドンオフィスのライター、ジェイミー・ジョーンズ。

    もし僕が、パリス・ヒルトンのInstagramのような、素晴らしい生活をしようとしたら、どうなるだろう。

    パリスのインスタを見て、僕は10段階のチェックリストを考案した。そして、彼女の人生を体験するための探求を始めた。

    1. 自然に感謝する。

    アウトドアが大好きだということを表現するため、オフィスから最も近い緑地を訪れた。その広場には数本の木が植えられていた。

    2. セルフプロモーションを怖がらない。

    写真立てに入った自分の写真をシェアするときのパリスは、まるでボスのようだ。僕の場合はだいぶ不思議な感じになっている。

    3. 顔の広さを自慢する。

    残念なことに、僕がセレブと一緒に写っている唯一の写真は、イギリスのTVシェフ、アントニーと一緒の写真だけだ。

    4. 「犬の日」などの祝日を祝う。

    「にんじんケーキの日」を祝うため特大のニンジンケーキを持っているふりをして横たわっていた時、多くの疑問が僕の頭の中を駆け巡った。

    5. 自分のブランドを作る。

    僕の顔や、ジェイミー・ジョーンズという名前は、カスタマイズされたクッションには相応しくないかもしれない。

    6. 知性を祝福する。

    僕は自分が天才ではないことを認めても構わない。18歳までトナカイは架空の動物だと思ってたし。

    7. インスピレーションになる。

    めいっぱいパリスになりきるか、少なくともそうしようと試みた。

    8. 「人生のアーティストはあなた」など、インスピレーションにあふれる標語を広める。

    僕の標語はこれ。「夢についていくな。追いかけるんだ」

    9. 自分のブランドを広める。

    僕のブランドは……僕を非常に不安にした。

    10. 最高の人生を生きる。

    撮影したすべての写真のうちで、僕が一番気に入ったものはこれ。

    最終的に考えたこと。

    Instagram: @parishilton / instagram.com

    パリスを真似して体得したのは、写真を撮影して投稿するという、当たり前だけれども僕らしくはないことだった。僕は写真を撮るための努力が、どれだけ価値のあるものなのかは、本当のところわからない。

    僕は、光の当たりが悪い自撮り写真と、偶然出会った猫の写真を載せるという自分自身のInstagramの美学にすっかりこだわりを持ち始めている。もう、自分を少しばかり魅力的にみせようとすることを、恥ずかしいと思うことはないだろう👑👑👑

    この記事は英語から翻訳・編集されました。