back to top

女神が肌を見せたらダメだって?力強い写真のメッセージ

「きちんと服を着ていなければ、塗料で攻撃されてもしょうがない」。そんなFacebookグループへの抗議の意味が込められたプロジェクト

こちらは、マレーシアに拠点を置くアーティストでもあり、フリーランスのデジタルストラテジストでもある、ルビーだ。

John Loke

2カ月ほど前、あるFacebookグループが、ヒンズー教徒の女性たちを脅した。「2月9日にマレーシアであるヒンドゥー教の祭りで、肌を見せるような服装をした場合、スプレー塗料をかけるぞ」というものだ。

メッセージをばかばかしいと感じた人がいた一方で、警告に同意し、女性は肌を見せないような服装をすべきだと主張した人もいたという。

ルビーはBuzzFeedの取材にこう話した。「この件について知った時、Facebookで議論を投げかけてみました。初めはあまり反応はありませんでしたが、徐々に議論に参加する人が増えました。議論を見て、私は考え始めました」
John Loke

ルビーはBuzzFeedの取材にこう話した。「この件について知った時、Facebookで議論を投げかけてみました。初めはあまり反応はありませんでしたが、徐々に議論に参加する人が増えました。議論を見て、私は考え始めました」

この古臭い考え方を皮肉るために、ルビーは塗料を使い、インドの女神に扮した女性たちの写真集を作った。

Vicknes Waran
広告

「女性を神格化した女神を崇拝しているのに、女性に対する無礼で不当な支配を認めているのは、とても皮肉です」

Vicknes Waran

「塗料を女性の体に塗るという点では、私も女性たちを脅した少年たちと同じかもしれない。でも、少なくとも彼らよりは良いことをしたと思います」と、彼女は付け加えた。

Vinoth Raj Pillai

二週間も経たないうちに、ルビーは友人たちの体をキャンバスにし、写真作品を作った。

Vickneswaran

「典型的な古代の女神の姿を通じた表現が、今の女性の現実や懸念を理解してもらうのに役立つと思った」と、ルビーはFacebookに綴っている。

ルビーはさらにこう付け加えた。「現代的な芸術で女神を描くことで、インド文化における女性の役割を、より多くの人々が理解できるようにしたい」
Vinoth Raj Pillai

ルビーはさらにこう付け加えた。「現代的な芸術で女神を描くことで、インド文化における女性の役割を、より多くの人々が理解できるようにしたい」

広告

ルビーはBuzzFeedに、このプロジェクトに対し、感謝やポジティブなメッセージをたくさん受け取っていると話した。

「古代の女神に立ち返ることで始まったこのプロジェクトは、現在の女性たちに力を与えることになりました」
Vinoth Raj Pillai

「古代の女神に立ち返ることで始まったこのプロジェクトは、現在の女性たちに力を与えることになりました」

ここでその他の作品も見ることができます。

この記事は英語から翻訳・編集されました。

この企画は終了しました。ご協力ありがとうございました。

広告

2017年3月3日から3月8日の期間中に、FacebookとTwitterで計2万731回シェアやリツイートをいただきました。 BuzzFeed Japanは20万7310円を、ジェンダーの平等などを推進するユニセフに寄付いたします。

【New】女神が肌を見せたらダメだって?力強い写真のメッセージ https://t.co/d5NOpcnFrK #BFJ_women ※この投稿を期間中(3/3-8)にRTすると、1シェア10円に換算し、ジェンダーの平等などを… https://t.co/R4KYXn0gwv

BuzzFeed Japanは3月8日の国際女性デー(International Women’s Day 2017)に向け、女性を応援する記事を集中的に配信します。

BuzzFeed Japanの公式のFacebookやTwitterの投稿をシェアまたはリツイートしていただけると、「1シェア=10円」に換算。ジェンダーの平等などを推進するユニセフ(公益財団法人 日本ユニセフ協会)に合計額を寄付します(一部投稿のみ、集計期間は3月8日まで)。

BuzzFeed Japan は「人々の生活にポジティブな影響を与えること」をメディアの理念として掲げています。多様なコンテンツの発信を通じ、日本や世界の女性を応援したいと思っています。