映画『タイタニック』名シーン撮影の裏側が必死すぎて笑えるwww

    映画業界のテクノロジー事情。

    タイタニックと言われて、最初に思い浮かぶのは?

    commons.wikimedia.org

    多くの人が思い浮かべるのは、豪華客船をテーマにした映画『タイタニック』。

    Paramount Pictures

    ジェームズ・キャメロン監督、1997年公開。レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット演じる、ジャックとローズの叶わぬ恋に世界中が涙した。

    日本でもディカプリオ人気が高まり、現在でも揺らぐことはない。30歳以上なら、デートで見に行った人も多いのでは。

    その『タイタニック』の人気シーンと言えば、説明不要の船の先端のシーン。でも、その他にも名シーンはたくさんある。例えば、主役2人がダンスするこの場面。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    お金持ちのお嬢様が「普通の人々」とパーティー。そこで2人が手を取り合ってクルクルと踊るシーン。

    流れる背景が、ジャックとローズがお互いのことしか目に入らない様子を表現する、ロマンティックなシーン。

    giphy.com / Via Paramount Pictures

    何度見ても、最高だ。

    giphy.com / Via Paramount Pictures

    さて、このシーンはどうやって撮影したの?

    普通の人の頭で考えると…。

    Erin Chack / Photoshop kween

    カメラとディカプリオが向かい合って固定された状態でクルクル回る、こんな感じ? ディカプリオ自身がカメラを回したのかもしれない。

    いや、それともセルフィースタイル?

    Erin Chack / how is this not in a museum

    手にカメラを直接持ってクルクル回ったのかもしれない。

    うーん、どうやったんだろう。正解はこれ↓

    imgur.com / Via Paramount Pictures

    手にカメラを持ったスタッフが一緒にクルクル回ってただけ!

    大げさな装置は何もなし!

    ブレないようにディカプリオの肩に手をおいて、スタッフがクルクルクルクル…。回ってるのはキャメロン監督……? まさかね。

    あなたの知らないハリウッドの世界……。裏側は意外とみんな必死なのだ。

    この記事は英語から翻訳されました。担当:SOKO