back to top

飛行機搭乗を許されなかった「精神的な支え」用の孔雀、物議を醸す

「精神的な支え」としての動物、飛行機に乗りすぎ。

飛行機に乗るということはストレスになる可能があります。飛行機に乗る際、他の人よりも心の支えが必要な人もいることは確かです。

The CW / Via giphy.com

そこで航空会社によっては、飛行機搭乗の際、「精神的サポート用動物」等としてペットを機内に連れて行くことを許可をしているところもあります。

月曜日にある女性が精神的サポート用動物とともに搭乗しようとしたことが物議を醸しています。その女性の感情的サポート用動物は……孔雀だったのです。

facebook.com / Via Facebook: thejetsettv

百聞は一見にしかず。こちらがその女性です。ニューアーク・リバティー国際空港に搭乗客として、孔雀とともに堂々と入っていく一部始終の様子を、居合わせた人が驚きとともに動画撮影したものです。

Facebook: video.php
広告

多くの人がこの話に驚きの声をあげています。

Shirley Ayers Davis / Via Facebook: thejetsettv

「おかしなことは知り尽くしたと思っていたけれど、そうじゃなかったね」

この女性が、航空会社の「精神的サポート用動物」の方針を乱用していると非難する人も。

J R Gar Garcia / Via Facebook: thejetsettv

「バカなこと…。本当に、『精神的サポート用動物」とかいうたわ言にはうんざりです。そういった動物が必要な人は、たぶん飛行機に乗るべきじゃないんですよ」

この女性が、そもそも孔雀のようなペットとともに旅行しようとすることについて、怒りを露わにする人もいます。

Catherine Baker-Sipka / Via Facebook: thejetsettv

「この搭乗客は動物虐待として動物愛護協会に報告されるべきですよ。美しい鳥を空港のカオスに耐えさせるなんて。これって、注目集めのためじゃないですか? なぜゲートまで来ることができたのでしょう? なぜセキュリティースタッフは通してしまったのでしょう? 今後は飛行機搭乗前に全員、精神検査を受ける必要がありますよ!」

ここ数ヶ月の間、人々が飛行機に連れ込む「精神的サポート用動物」に対して、多くの反論が持ち上がっています。

Here is Daniel The Emotional Support Duck in all his red-shoed glory.

「こちらはダニエル。赤い靴を履せられてご満悦の精神的的サポート用アヒル」

広告

ユナイテッド航空は精神的サポート用動物と感情支援動物を機内に乗せることを許可しています。しかし、孔雀は同社のガイドラインに合いませんでした。

Samselthedamsel / Via giphy.com

ユナイテッド航空のスポークスパーソンはFOXニュースに対し、「その顧客が空港に到着する前に、孔雀がガイドラインに合わないということは3回説明した」と話しています。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan

Alicia Barrónに連絡する メールアドレス:alicia.barron@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.