学童保育中、子どもがおやつの時間に食べたという謎のお菓子。「辛い」「横がキノコみたいな形」…その正体が3年越しに判明! 関東から東北の人ならわかるかも…?

    まさかの!! 確かに形はこんな感じだ……。

    子どもが何気なく話してくれた「今日のおやつで変なものが出た」という話。

    ずっと不明だったその食べ物が3年越しで明らかになったという投稿がSNSで話題になっています。

    Twitter: @hiiragisanaka
    柊サナカさんX(旧Twitter)アカウントより

    一駅一話! 山手線全30駅のショートミステリー』などを執筆する、作家の柊サナカさん(@hiiragisanaka)が3年前の2020年9月14日に投稿した、子どもが描いてくれたというイラスト。

    柊さんはまったく思い当たる商品がなく、「乾いてた?」「粉はついてた?」「曲げると折れる?」など質問し続けたそうですが、結局正体はわからなかったそうです。

    この話題から約3年。11月16日に柊さんは「3年越しに正体がわかりましたのでお知らせします」と投稿。

    Twitter: @hiiragisanaka

    Twitter: @hiiragisanaka

    その正体は「ごんじり」でした! ああ~ごんじりかあ……。

    寒干大根を一口サイズにカットしたお菓子「ごんじり」は、「梅しば」でもおなじみの群馬県前橋市にある企業、村岡食品工業が製作している商品。

    Twitter: @hiiragisanaka

    「ごんじり」を横から見た写真と、3年前の絵を見比べると……確かにこの形……! 「きのこみたいな形」は大ヒントだったんですね。

    投稿者さんにお話を聞きました

    ――3年前、イラストや「友達はおかわりしていた」など、少ないながらもヒントがあったようですが、どんなおやつを思い浮かべていましたか?

    3年前は、聞けば聞くほどわからなくなり、外国のお菓子かなと思いました。

    ――3年越しで正体が判明したときの状況を教えてください。

    突然子どもがスーパーで、あった! と言うので見てみるとごんじりでした。せっかくなので食べようと買ってきました。

    ・・・・・

    SNSでは、


    💬「すごい! 絵の通り! いや、本物に忠実な絵!」

    💬「絵は完璧だったんですねw😆」


    など、実は忠実だったイラストに賞賛のコメントが寄せられ、多くの笑いを誘っていました。また、


    💬「あー、ごんじりね……となったけど、パートナー氏はまさかのごんじり知らなかった……( ꒪⌓꒪)神奈川にはごんじりないの?」

    💬「いや、正体わかってもわからない( ̄▽ ̄;)ごんじりって何?」


    といった、「なにこれ……」「初めて見た」というコメントも目立ちます。

    「ごんじり」は関東から東北にかけては多くのスーパーにおいてあるほどの知名度を誇りますが、西日本ではあまりみかけないお菓子なんだそうです。