• womenjp badge

#あのときのわたしへ

男って?女って?あの頃、まだ若かった私はいろんなことがわかっていなくて、 いつもモヤッとしたりズキッとしたりで、今よりもずっと息をするのが苦しかった。 もし今の私が「あのときのわたし」に会えたなら、こんなことを言ってあげたい。

1.あいつと別れて正解だったよ!

Yukari Takinami for BuzzFeed

あの頃は「そうなのかな...」って思ってた数々の発言、今はあれ全部アウトだってわかるし、あのとき別れといて本当によかった!よくやった!

2.「女の敵は女」じゃないよ!

Yukari Takinami for BuzzFeed

ことわざ風の言葉、要注意すぎる。あなたの敵は、あなたを尊重しようとしない人だよ。男も女も関係ないこと、伝えたい。

3.怖かったね。苦しかったね。

Yukari Takinami for BuzzFeed

生理が来なくて、妊娠検査薬を買いに行った。相手には言えなくて、一人で抱え込んで。あの日の私の肩を抱いて一緒に歩きたい。そしてこう言うんだ。「あなた一人の問題にさせたがる社会のほうが間違っているんだよ」

4.人は変わるよ!

Yukari Takinami for BuzzFeed

セクハラ発言でびっくりさせてくれた男友達、20年経ったらめっちゃ話せるいいヤツになってるよ!私も変わるし、まわりも変わる。社会の意識も少しずつ変わってる。それって何て言うと思う? うん、合ってる! そう、「希望」だよ。

瀧波ユカリ(たきなみ・ゆかり) 漫画家・エッセイスト

1980年札幌市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。2004年に4コマ漫画『臨死!!江古田ちゃん』で漫画家デビュー。現在は講談社Kissで『モトカレマニア』を連載中。その他の著書に、育児エッセイ『はるまき日記』(文藝春秋)、犬山紙子氏との共著『マウンティング女子の世界』(筑摩書房)、エッセイ集『30と40のあいだ』(幻冬舎)などがある。「母の死」を真正面から捉えたコミックエッセイ『ありがとうって言えたなら』(文藝春秋)が3月9日発売。

BuzzFeed Japanでは3月8日に向けて、1日1作品のペースで人気漫画家の作品を順次、公開していきます。 大切なことを3秒で。3人の人気漫画家が、国際女性デーに向けて伝えたいこと。

----------------------------------------

BuzzFeed Japanは国際女性デーにちなんで2018年3月1日〜9日、女性たちを応援する記事を集中的に配信します(一覧はこちら

3月8日の国際女性デーを日本でも定着させるために、資生堂とコラボレーションしてキャンペーンを展開。Twitterで過去の自分への応援や懺悔のメッセージを綴るアワード「#あのときのわたしへ」を実施しているほか、3月7日にTwitter(@BFJNews)上でLIVE番組の配信、3月8日にはイベントを開催します。多様な企画やコンテンツを通して、日本や世界の女性を応援します。

----------------------------------------