大坂なおみ選手、アスリートの取材対応が免除される「病欠」を提案。「個人的な理由を公表しなくても…」

    「弱い立場にあるアスリートを守るための対策が講じられることを望んでいます」

    テニスの大坂なおみ選手は7月10日、アメリカの放送局ABCによって授与されるESPY賞の「最優秀女子アスリート」に初選出され、約2カ月ぶりに公の場に登場しました。

    そんな大坂選手は5月、全仏オープンを途中棄権したことで注目を浴びました。

    Tim Clayton - Corbis / Corbis via Getty Images

    大坂選手は、大会での記者会見を欠席したことで、1万5000ドル(約165万円)の罰金を支払うことになり、全仏オープンを辞退しました。

    Naomi waving to the crowd after winning a tennis match
    Tim Clayton - Corbis / Corbis via Getty Images

    彼女は後に、2018年以降うつに苦しんでおり、この決断をしたと明かしています。

    米『タイム』誌に7月8日、大坂選手の手記が掲載されました。大坂選手は、アスリートが健康状態を語る時に向けられる厳しい監視の目について、問題意識を呈しました。

    「私の場合、自分の症状を公表することに大きなプレッシャーを感じていました。理由は率直に言って、マスコミや大会が私を信じてくれなかったからです」

    「誰も私と同じ経験をしてほしくありません。特に、弱い立場にあるアスリートを守るための対策が講じられることを望んでいます」と彼女は続けました。

    Tim Clayton - Corbis / Corbis via Getty Images

    「また、私の個人的な病歴を詮索されるようなことは、二度と経験したくありません」

    「ですから、次に会うときには、ある程度のプライバシーと心情を尊重してくれるよう、報道関係者にはお願いしたいです」

    「私たちの誰もが、私生活で何かしらの問題に直面していると思う」と語る大坂選手。アスリートたちの将来のために、実現を願う様々な計画があるといいます。

    Naomi about to hit a backhand shot
    Tpn / Getty Images

    「私はテニス界に多くの提案をしたいと考えています。なかでもいちばん提案したいのは、個人的な理由を公表しなくとも取材対応を免除される、年に数回の『病欠』を認めることです」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。  翻訳:アシュウェル英玲奈