• lol badge

テストが無効になりかけた大学生。原因はまさかの「ミートボール」

アメリカの大学に通うある女子大生は、サンドイッチを食べながらオンラインでテストを受けていた。すると、ミートボールがポロッとキーボードへ落下して…。

サム・リーさん(20)は、米ジョージア大学の3年生だ。

新型コロナウイルスの影響により、ジョージア大学はオンラインで授業やテストを実施している。

ある日リーさんは、サンドイッチを食べながら、オンラインで経済学のテストを受けていた。

しかし、サンドイッチに入っていたミートボールが、パソコンのキーボードに落下してしまった。

その結果、画面からログアウトしてしまい、テストで落第点を取ってしまったのだ。

「(ミートボールが)エスケープキーに当たってしまい、全画面を閉じてしまった」と、リーさんはBuzzFeed Newsに話している。

Sam Lee / Snapchat

リーさんがスナップチャットに投稿した写真
「これは冗談なんかじゃない。私は座ってミートボール入りのサンドイッチを食べながら、経済学のテストを受けてたの」
「そしたらミートボールがキーボードに落下」
「テスト中にログアウトしちゃった」

「ああ、ミートボールが無駄になってしまった…。というかパソコン壊れてないかな?」

初めはそんなことを気にしていたという。

しかし、受けていたはずのテスト画面が消えたことに気づき、パニックになったそうだ。

「6時間かけて教授宛にメールを書き、その日の夜に送りました」

リーさんによると、返ってきたテストの成績は39%だったため、教授に再テストを求めたという。

Sam Lee / Gmail

リーさんが教授に送ったメールの本文

「ラストレイプス教授

本日のテスト中に、パソコンのトラブルと外部からの邪魔が入ってしまいました。私が回答を半分終えたところで、あるものが私のパソコンに当たり、提出ボタンを押してしまいました。その「あるもの」というのは、私が食べていたミートボールです。テスト中、悲劇的にキーボードに落ちてしまいました。ミートボールがコンピューターの不具合を起こし、テストを提出してしまったのです。

私もまだこの出来事の流れを理解できていませんが、証拠はあります。

テストの点数が無効になることは理解していますが、これは事故だということをお伝えしたいです。私は授業で配られた資料には、よく目を通しています。

ミートボールを落としたことは、テストで落第点を取った言い訳になどならないことは十分理解しています。ですが、テストをもう一度受けさせてもらうことは可能ですか?」

驚くことに、彼女がメールを送った次の日、教授は理解を示すメールを返信してきた。

Sam Lee / Gmail

ラストレイプス教授からの返信メール

「サマンサへ

えーっと、成績が悪かったことに対する、とても新しくて珍しい言い訳ですね!でもその理由を聞く限り、嘘をついているとは思えません。テストの期限を本日の深夜まで伸ばしました。テストを開いて提出してください(もし期限が伸びていなかった場合は、教えてください)。もちろん、低い点数のままでも構いません。あなた次第です。あと、テストは夕食の前か後に受けることをおすすめしますよ :-)」

BuzzFeed Newsはラストレイプス教授にも話を求めた。しかし、学生の成績を付けるのに忙しく、コメントの提供は困難だということだった。

リーさんは「教授の対応にはとても感謝しています」と述べた。無事に再テストも受け、成績も「少し良くなった」という。

「私が有名になったのはミートボールのせいだと考えると、なんとも皮肉に感じます」

「もうミートボールは信用しません。見た目には騙されませんよ」

Sam Lee

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:吉谷麟

CORRECTION

本文中の訳に誤りがあったため、一部表現を修正しました。