• electionjp badge

自分が投票しても何も変わらないと思っていた。でも…。衆院選で「初めて」投票する人たちの思い

衆院選で、初めて投票に行く人たちがいます。そう決めた理由とは?様々な思いを抱く人たちがいました。

10月31日に投票日を迎える衆議院議員選挙。

様々な思いを抱き、この選挙で「初めて」投票に行く人たちがいます。

これまでは「投票しても何も変わらないと思っていた」「投票したい候補者や政党がいなかった」。でも…。

今回の選挙で、投票すると決めた理由とは。

BuzzFeed Newsは、オンライン上でのアンケートを通じて、思いを聞きました。

Getty Images

(イメージ写真)

学生の10代女性は、成人して選挙権を得て、今回初めて投票します。

理由は、「今の政治に不満があるから」。

「初選挙」に、こんな思いを持っています。

「日本に生きる人のために『政治』があるのに、関わろうとしないのはよくないと思った。自分たちの後の世代を生きる人たちに、より良い環境で暮らしてほしいと思うから」


医療・介護関係会社員の30代女性は、これまで「投票しても何も変わらない」と感じ、選挙に行ったことがありませんでした。

しかし今回、初めて投票するのは、「経済的に苦しいから」。

将来への不安や政治への思いを、こう綴りました。

「コロナで世界の動きや、日本の政治家の発言、各国のトップの発言を目にする機会が増え、ニュースを見る度に『日本国民は発信が弱い』『声が政治に届かない』と強く感じました」

「長年、会社員として真面目に働いてますが、低い給料で全く生活は楽にならず、老後の資金なんてありません。世界を見ても先進国の中で最下位の年収とも言われる日本でこれからも暮らすのならば、少しでも国民の暮らしを豊かにし、改善してくれるリーダーを選びたいと思います」

Getty Images

(イメージ写真)

自営業・フリーランスの60代男性は、「投票しても何も変わらない」と感じ、これまで投票したことがありませんでした。

でも、「今の政治には不満がある」といいます。

「日本を変えてほしい」。そう思い、今回、初めて一票を投じます。


学生の20代女性は、これまで「投票したい候補者・政党がいない」と感じ、投票したことがありませんでした。

でも留学の経験を得て、日本に住む外国人住民が置かれる状況などに関心を持ったといいます。

今では、応援したい候補者、政党ができて、実現してほしい政策があるから、今回初めて投票に行きます。

「留学を経て日本国内の外国人が抱える困難に目が向かうようになった。コロナ禍で社会問題について考える時間が増え、外国人をはじめとする弱者が苦しみ続ける社会の仕組みに疑問を抱いた」

「今までは政治に何の期待もしていなかった。でも、SNSで声をあげたり社会運動に取り組んだりすることで社会を変えようとしたりしている同世代の姿に刺激を受け、自分も意見を表明することでその波に参加したいと思ったから」

Getty Images

(イメージ写真)


学生の10代女性にとっても、成人して選挙権を得てから、今回が初めての選挙です。

未成年の時には、一票で意思を表明したい問題があったのに、それができませんでした。でも今回は、投票することで政治家に託したい思いがあります。

「学費をめぐる問題は、親だけじゃなくて学生も意見を言えるべきなのに、これまでは選挙で投票ができなくて、すごくモヤモヤしていたことがきっかけ」

「投票権があるなら、それがない学生たちの分も、ちゃんと意思表示しなきゃダメだなと思った」

政治に興味がわいたし、実現してほしい政策があるから、今月、初めて投票します。


自営業・フリーランスの60代女性が、これまで投票してこなかったのは、「忙しくて時間がなかった」から。

でも、投票は「国民の義務」だと感じたといいます。

だから今回、初めて投票所に足を運びます。

時事通信

学生の10代女性が「投票したい」と思ったきっかけは、政治家の国会での答弁でした。

「国会の答弁をふと見た時に、何のための、誰のための政治なのかと思った。いまの政治のあり方は、国民のためではなく政治家の利権のためなんだなと感じた。それを変えれるのは自分が投票することなのかなと考えた」

日本の政治が少しでも良い方向に向かうように、初めて選挙に行きます。


ノンバイナリー(性自認が女性か男性という二元論にあてはまらない人)の10代(パート・アルバイト)も、成人して選挙権を得て、今回初めて投票します。

今の日本の政治を見て「危機感」を抱いています。

「18歳になり、選挙権を得てはじめての選挙。森友問題や学術会議、ジェンダーギャップ、気候危機など、さまざまな側面で、いまの日本の政治に危機感をおぼえています」

「投票だけですべてが変わるとは思わないが、政治を動かす一歩として、投票しようと決めた。なるべく未来のよりよい社会づくりに貢献したい」

BuzzFeed

BuzzFeed NewsはGoogleフォームのアンケートを通じて、引き続き「私が初めて選挙に行く理由」の声を集めています。

理由やきっかけはなんでも構いません。思いを聞かせてください。

10月最終週には、様々な思いを胸に初めて投票する人たちに、インタビューした記事を掲載します。

(サムネイル:Getty image)

UPDATE

一部、説明を追記しました。

Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here