「キモノ」騒動の米セレブ下着ライン、新しいブランド名でローンチへ

    米セレブリティのキム・カーダシアン氏が自身の下着ブランドに「Kimono」と命名し議論となっていた問題で、新しいブランド名が発表されました。

    米セレブリティのキム・カーダシアン・ウエスト氏が6月、自身の補正下着ブランドに「Kimono」と命名し議論となっていた問題で、8月27日、新しいブランド名が発表された。

    新しいブランド名は「SKIMS」で、9月10日にローンチされるという。

    ブランド名「Kimono」を発表した際には、直後から、日本や米国を中心に「ブランド名を変えるべき。着物は下着でない」「着物は日本の伝統文化であり関係のないブランド名で商標登録すべきでない」との批判が相次いでいた。

    @skims / Via Twitter: @skims

    新しく発表されたSKIMSの公式Twitterアカウント

    カーダシアン氏は新ブランド名の発表に際して自身のTwitterで、「ファンやフォロワーは私にとってとても大きなインスピレーションです。いつもファンたちの意見やフィードバックに耳を傾けていますし、新しいブランド名についてもたくさんのアイディアをくれて、とても感謝してます」と述べた。

    「Kimono」については、カーダシアン氏のファーストネーム「Kim」がブランド名に入っていることが命名の理由ではとの憶測もあったが、今回の新ブランド名「SKIMS」にも「Kim」が入っている。

    My fans and followers are a huge inspiration to me – I’m always listening to their feedback and opinions, and am so grateful they shared their ideas for a new brand name. After much thought and consideration, I’m excited to announce the launch of SKIMS Solutionwear™

    @KimKardashian

    発表されたのは、様々な肌のトーンに合わせた9色の補正下着で、サイズもXXSから4XLまで幅広く揃えているという。

    
Twitter上では6月の発表時から「これなら私の肌の色にも合う」「こんな下着が出るのを待っていたの」というポジティブな反響も多く見受けられた。

    一方で、命名には批判が殺到し、「#KimOhNo」(キム、オー、ノー)という「Kimono」とカーダシアンさんのキムという名前や落胆の心情を掛けたハッシュタグも登場。ブランド名を変えるよう呼びかけていた。

    署名サイトchange.orgでは、カーダシアンさんにブランド名を変えるよう要請する署名に、27日正午までに世界各国から13万8千筆以上が集まっていた。

    カーダシアンさんは批判を受け、ブランド名発表から数日後には米紙ニューヨーク・タイムズの取材に声明で応じ、「伝統衣装である着物に不名誉をもたらしたり、類似するものをデザイン・発表するつもりはない」として、ブランド名を変えるつもりはないという姿勢を示していた。

    日本では、世耕弘成経産相が、Twitter上で「着物は日本が世界に誇る文化です。しっかり審査してくれるよう、アメリカ特許商標庁にも話をしたいと思います」とツイート。京都市の門川大作市長も、「着物」の名を商標登録することをやめるよう求める書簡を送っていた。

    その後、カーダシアン氏は「ブランド名は変えない」という態度を一変。7月1日にはブランド名の変更を発表していた。

    この一連の騒動に関してはインターネット上では、カーダシアン氏に対し、他国の文化への尊重や配慮のなさがないという指摘や「話題作りのためにわざとやったのでは」「炎上商法」といった批判が出ていた 。

    カーダシアン氏は新ブランド名の発表や下着発売開始に際し、「SKIMSという名前を発表できたことが本当に嬉しい」とし、「皆の肌に一番近い下着だというコンセプトが本当に大好き。柔らかくてしっかりとサポートする素材は、体のベストな箇所を強調できます」としている。

    Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here