うちの子の作品どれかな? 名前が付いていない展覧会

    「分からないことが、分かった」

    小学校の廃校舎を使って、小学生たちの作品を飾る展覧会が開かれた。

    ©november, inc. / RISU

    東京都中野区で1月31日にあった。家族20組が参加した。

    でも、作品には名前が付いていない。

    ©november, inc. / RISU
    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be
    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    わが子の作品を見つけられるだろうか?

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com

    みんな真剣

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com
    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    「わかったよ」

    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    「これっぽくない?」

    そして、子どもたちが正解を教える。

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com

    「正解はこれ!」「やっぱりー」

    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    「じょうず!へー、びっくりした」

    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    「すごーい」

    親子に感想をインタビューすると……

    息子の反応

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com

    息子「『これ、分かんなかったの?』って」 母「ははは(笑)」

    あるお父さんは

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com

    父「『分かんないことが分かった』って感じだね。これから分からないことが増えるけどね」

    こちらの家族は

    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    母「知ってるつもりだった」

    https://www.youtube.com/watch?v=LiO4G8wAZdY&feature=youtu.be

    娘「お父さん全然見てないと思ってたのに、結構見てた」 母「お母さんもそう思ったの」

    子どもの才能を新鮮な目で見られたようです。

    ©november, inc. / RISU / Via youtube.com

    この企画は……

    Facebook: video.php

    RISU Japan(東京都文京区、今木智隆CEO)という日米で教育事業を展開する会社が催した「名前の無い展覧会」のドキュメンタリーだ。Facebookで50万回以上再生された。創業者の加藤エルテス聡志・取締役(35)は「子どもを理解する鍵は一緒にいる時間の長さより、接し方にあると思う。ビデオをみて、親が子どもを見つめ直すきっかけにしてほしい」とBuzzFeedに話す。

    ビデオにはこんなコメントが寄せられている。

    「自分のこども探せるかなぁ…やってみたいです(o^^o)」

    「目から鱗です 自分の子供を探す気持ちがわかります 焦るだろうな〜」

    「いろんな学校でやってほしい」

    「これはステキ♡ 全国でしてほしい‼︎‼︎ 親とこどもの会話もふえるし、子供のことを考える親がふえる」

    「面白いね! 子供の未来が楽しみでしょうがない! しっかり父親頑張らないとな😋」