Posted on 2020年4月10日

    「ガチで泣くやつ」「刺さった」おじさんの純愛漫画が切なすぎて涙が止まらない

    noteとウェブメディア4社によるコンテスト「#2020年代の未来予想図」で、暴力とも子さんの漫画『VRおじさんの初恋』が、BuzzFeed賞を受賞しました。

    BuzzFeed Japanは、メディアプラットフォームのnoteと共同で「#2020年代の未来予想図」をテーマにしたコンテストを開催。暴力とも子さんの漫画『VRおじさんの初恋』をBuzzFeed賞に選出しました。

    コンテストは、BuzzFeed、withnews、Business Insider Japan、BLOGOSの4つのウェブメディアによる共同企画で、4社がそれぞれの審査基準に基づいて賞を設定。BuzzFeed賞は漫画作品を対象に作品を募集しました。

    受賞を記念し、全6話のうち前半の3話分をまとめて掲載します。後日、暴力さんのインタビュー記事を公開する予定です。

    暴力とも子

    『VRおじさんの初恋』

    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子
    暴力とも子

    後半の第4〜6話はこちらでご覧ください。

    受賞理由

    読ませる展開で、全72ページという長さを感じさせません。Twitterでも拡散され、「ガチで泣くやつ」「刺さった」「文学でした」といった反響が広がりました。

    作者の暴力とも子さんは「バ美肉おじさん」(バーチャル美少女を受肉したおじさん)という極めて今日的な現象から想像を膨らませ、今と地続きの「ありそう」な未来像をリアリティーをもって描き出しています。

    寂れてしまったバーチャル・ワールドで、現実に疲れた孤独なおじさんが恋に落ちるという筋立ても、「ホコリをかぶった未来観を、あなたの表現でアップデートしてみませんか?」という募集要項の投げかけに、ピタリと呼応するものでした。

    全体の講評

    BuzzFeed賞は漫画が対象ですが、残念ながら漫画作品の応募数はあまり多くありませんでした。このため、「上限30ページ程度」「未発表の作品に限る」といった募集要件を緩和し、候補作を広げて選考しました。

    「#2020年代の未来予想図」というテーマに合致していることや、オリジナリティー、漫画表現としての面白さを特に重視しました。

    未来を感じさせる「設定」やアイディアを盛り込んだ作品は無数にありましたが、受賞作品は設定にとどまらず「人間」をしっかりと掘り下げて描いている点が、高い評価につながりました。

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form