医療ボランティアが撃たれた 撃ったイスラエル軍、彼女の発言を意図的に編集か

    「イスラエル軍は亡くなったナジャルさんの発言を編集し、みずからの殺害を正当化している」と批判が集中

    6月1日、パレスチナ自治区ガザ地区での抗議デモで負傷者の救護にあたっていた医療ボランティア、ラザン・ナジャルさん(21)が、イスラエル軍の発砲で胸を撃たれ亡くなった。翌週7日、イスラエル軍は生前のナジャルさんが取材に答える動画に編集を加えてTwitterに投稿、波紋を呼んだ。

    イスラエル軍が投稿した動画の中で、ナジャルさんの発言には、自分はパレスチナのイスラエルに対する抗議行動で「人間の盾」になる、と英語の字幕がつけられている。

    ナジャルさんの死を受けて、Twitterでは多くの人が#AngelOfMercy(慈悲の天使)のハッシュタグをつけて彼女を悼んだ。

    Twitter

    イスラエル軍は、ナジャルさんを意図的に狙って発砲してはいないと述べている

    イスラエル軍の動画には「ハマスが人間の盾を使うのをやめさせるべき」の文言がある。

    IDF / Twitter

    30秒ほどに編集された短い動画の字幕では、ナジャルさんがハマスのために「人間の盾」になる、と発言しているように書かれている。ハマスは反イスラエルの立場を取る武装組織で、米国等がテロ組織として指定している。

    IDF

    しかし、レバノンのマヤディーンテレビの取材に答えた編集前の動画を見ると、実際にはナジャルさんが「私は救護にあたる人間の盾として、前線で負傷した人を保護、救助するためにここに来ています」と話しているのがわかる。

    Al Mayadeen TV / Youtube / Via YouTube

    ナジャルさんは取材の中で、医療要員になったのは誰に強要されたからでもない、と答えている。いとこのダリア・ナジャルさんはBuzzFeed Newsに対し、「看護師になるのは彼女の夢でした」と語る

    「ラザンは女性の初期対応要員として活動し、地域コミュニティ全体、社会全体を鼓舞しました。他の女性対応要員も続くよう促し、女性も現場に出られるんだ、力になれるんだ、とコミュニティが声を上げられるまでにしたんです。地域では多くの人から尊敬を集めていました」

    「ラザン・ナジャルはハマスのプロパガンダが作り上げた慈悲の天使などではない」。イスラエル軍のアヴィハイ・アドライ報道官は、細部を編集した動画をTwitterに投稿し、そう書いている。

    #رزان_النجار لم تكن #ملاك_الرحمة كما تحاول دعاية #حماس تسويقها فاعترافها بأنها شكلت درعًا بشريًا للمشاغبين المحرضين يثبت كيف تستسغل حماس جميع فئات المجتمع الغزاوي لصالح أهدافها وأهداف #إيران. فهل المسعفون في العالم يلقون قنابل ويشاركون في أعمال شغب ويسمون أنفسهم دروعًا بشرية؟ https://t.co/kJ89kf9PN2

    イスラエル首相府のオフィル・ゲンデルマン報道官も、ハマスがナジャルさんを「人間の盾」に使ったとTwitterで批判した。

    This is #RazanNajjar, who came to the Gaza border last week to "serve as a medic" & unfortunately lost her life there. But, do medics participate in riots & say thay are human shields for terrorists? Hamas used her as a human shield for its terrorists who stormed our border. https://t.co/i1UT5XiGPv

    ラザン・ナジャルさんは先週、「医療要員として」ガザとイスラエルの国境付近へやってきて、不運にもそこで命を落とした。だが、医療要員が暴動に加わりみずからをテロリストに対する人間の盾だと言うだろうか? ハマスは国境を脅かすテロリストに対する人間の盾として彼女を使ったのだ

    ゲンデルマン報道官はAFP通信に対し、編集された動画の使用を擁護した上で、「人間の盾として行動した以上、彼女は医療要員ではないということだ」と述べた。

    Joe Dyke / AFP

    なぜか編集されているが、もともとの発言ではナジャルさんは自分を「前線で負傷した人のためにいる人間の盾」だと話している。ハマスを守っているとは言っていない

    イスラエル軍が投稿した動画には、すぐに批判が集まった。

    Batya Ungar-Sargon

    この動画は死者を冒涜する卑劣な行為だ。イスラエル軍は殺された医療要員ラザン・ナジャルさんが「私は人間の盾だ」と言ったように編集しているが、実際の発言は「私は救護にあたる人間の盾として、前線で負傷した人を保護、救助するためにここにいます」と言っている

    Mairav Zonszein

    イスラエル軍はパレスチナ人やイスラエルの人権団体について、文書を改ざんし人権侵害をしていると常に批判している。だが今回はこうして動画を編集し、ナジャルさんを殺害した上で彼女をおとしめている。まったくもって卑劣で偽善的だ

    Peter Jukes

    イスラエルのデータ操作と暗部がまさにここにある。イスラエル軍はプロパガンダのための養成所だ。ナジャルさんの発言を編集して彼女の殺害を正当化している。ロシア国営放送やトロール(プロパガンダのためネット上で情報操作する部隊)と同じくらいたちが悪い

    イスラエル軍報道官はBuzzFeed Newsに対し次のように話している。「これはパレスチナ側がナジャルさんの行動を『白衣の天使』として宣伝するためにソーシャルメディアで拡散した映像だ」

    「だが現実にこの動画が示しているのは、ハマスが一般市民を利己的に利用し、危険地域に送り込んで、イスラエル市民と治安部隊へのテロ行為を行う者に対する人間の盾にしているという事実だ」

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:石垣賀子 / 編集:BuzzFeed Japan

    Rose Troup Buchanan is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

    Contact Rose Troup Buchanan at Rose.Buchanan@BuzzFeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here