• sustainablejp badge

新たな昆虫食? アメリカで大量発生したセミ→タコスや手巻き寿司の材料に!

北アメリカ東部で大量発生している周期ゼミが、昆虫食として活用されています。セミっていったいどんな味なんだろう…?

注意:この記事は、大量のセミの画像を含みます。

北アメリカ東部で、セミが大量発生しています。

The Washington Post / The Washington Post via Getty Images

大量発生しているのは、17年周期で一斉に羽化する「ブルードX」と呼ばれるセミです。

米国立公園局によると、ブルードXは5月初旬に一斉に羽化した後、6月の終わりごろには姿を消します。

17年周期で一斉羽化する理由については、鳥などの外敵が食べきれないほど大量発生することで、その間に子孫を多く残し、生存のチャンスを高めるためだと言われています。

ちなみに、どれくらいの数が発生しているかというと…こんな感じです↓

SOUND UP 🔊 "My backyard...Cicada Ground Zero, apparently." Share your cicada photos and videos here! https://t.co/Qxs2W2nqTS

Twitter: @7NewsDC

ビッシリとあるこちら、全てセミの幼虫です。

これが全て羽化すると思うと…とてつもない数ですよね。

これらを最大限に活用すべく、周期ゼミを使った料理が紹介されています。

セミなどの昆虫食は低カロリーかつ高タンパクであることから、肉などに代わる次世代の食材として注目を集めています。

まずはこちらの「セミタコス」から。

These special, limited-time-only sauteed cicada tacos were 17 years in the making 🌮

Twitter: @Reuters

まず最初に、食べやすいよう周期ゼミの脚や羽を取り除いた後、茹でて、オニオンやガーリックで味付け。

最後に、メキシコ料理に使われるモルヴェルデソースで味付けされた、アボカドやラディッシュを乗せて完成です。

実際にセミタコスを食べた男性は、「(口に入れた時に)ちょっとザクザク感はあるけど、噛み始めたら溶けていく感じ」とロイターに答えていました。

またパドバノさんによると、セミの味については、多くの客が「エビのような味がする」と話していたそうです。これは気になる…!

次に紹介するのは、セミを使った「セミ手巻き」。

AFP=時事

作っているのは、コネチカット州ニューヘイブンにある寿司レストラン「Miya's Sushi」のシェフ、ブン・ライさん(47)です。

ニューヨーク・タイムズによると、ライさんは子ども時代を日本の九州地方で過ごしたそうです。

セミは日本の夏を象徴するものだと、ライさんは語っています。

採ってきたセミを炒めて…

AFP=時事

ご飯の上にセミをのせて、のりで巻いたら完成です。

AFP=時事

ライさんが「セミ手巻き」を実際に作っている様子はこちら↓

VIDEO: After 17 years underground, swarms of cicadas are emerging across the eastern United States -- and for one Washington chef, the rare bug invasion was his cue for a cookout, with a side of food ethics

セミ手巻きを食べた女性は、動画内でこのようにコメントしています。

「私は昆虫なんて食べられないと思っていました。でも(食べてみたら)好きな味で、おかわりもしました」

「昆虫食、気になるな…」という方、ぜひ挑戦してみては?

サムネイル画像/AFP=時事