ニュージーランド、モスク乱射事件で終身刑判決。被告を前にした遺族らが語ったこと

    仮釈放なしの終身刑が言い渡されたのは、ニュージーランドでは初めてだ。判決公判には、遺族や生存者らが出廷し、計51人を殺害した被告と顔を合わせた。

    2019年3月にニュージーランド南島クライストチャーチの2つのモスクで起きた銃乱射事件で、地元裁判所は8月27日、オーストラリア人のブレントン・タラント被告(29)に対し、51人を殺害したとして、殺人罪などで仮釈放なしの終身刑を言い渡した。

    死刑制度がないニュージーランドで、仮釈放のない終身刑の判決が出たのは、ニュージーランドでは初だ。

    事件が起きたのは2019年3月15日の現地時間午後1時過ぎ。武装したタラント被告が、礼拝中のモスクを襲撃した。タラント被告は事件当時、犯行の様子をフェイスブックでライブ配信していた。

    BuzzFeed News

    事件後、地元の学生たちが集まり被害者に花を手向けた。

    タラント被告は今年3月、51件の殺人罪、40件の殺人未遂罪、1件のテロ行為罪の罪状を全て認めていた

    8月27日、タラント被告に判決を言い渡したキャメロン・マンダー裁判官は、事件を「非人間的」で「無慈悲」な犯行だとし、被告に後悔や反省の表情が見られないと語った

    「あなた(タラント被告)は、父親の足にしがみついていた3歳児を、故意に殺害したのです」

    John Kirk-anderson / AFP=時事

    判決を聞くブレントン・タラント被告。

    4日間におよんだ判決公判の2日目、意見陳述のため遺族や生存者らが出廷した。陳述中、タラント被告は終始無表情だったが、数回笑みを浮かべた。

    被告を前にして、遺族は何を語ったのか。

    「私は強い。あなたはただ、私をさらに強くした」

    John Kirk-anderson / AFP=時事

    アハド・ナビさん。

    父親を失ったアハド・ナビさんは、体をタラント被告に向け、次のように話した

    「あなたは私の父を傷つけましたが、私から父を奪うのは不可能です」

    「あなたの行為は、臆病な人間がやることです」

    「私は、あなたがしたことを許せません。刑務所にいる間、あなたは『地獄にいる』という現実に直面するでしょう。あなたを待ち受けるのは、炎のみです」

    「私は強い。あなたはただ、私をさらに強くした」

    「私は、息子を愛しています。私の天使です」

    John Kirk-anderson / AFP=時事

    ジョン・ミルンさん。

    タラント被告を「人間ではない」「動物ですらない」と糾弾する人がいた一方で、14歳の息子を失ったジョン・ミルンさんは被告を「許す」と語った

    「私はもう、あなたのことを許しています。例えあなたが、私の14歳の息子サイヤードの命を奪っていても」

    「私は、息子を愛しています。私の天使です」と、息子の写真を掲げた。

    「この涙は、あなたのためではありません」

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    サラ・カセムさんの意見陳述(英語)。

    サラ・カセムさんは、事件で最愛の父親を亡くした。

    「私の父、皆に愛されていたアブデルファタフ・カセムは…」と言いかけ、タラント被告に向かって「彼の名前を聞きなさい」と告げた。

    「父は苦しんだのか、怯えていたのか、最後に何を考えたのか。何よりも私は、父の手を握って『大丈夫だからね』と伝えたかった。でも、できませんでした」

    「私の両親が、安全と子どもの輝かしい未来を願って移り住んできたこの国で、こんな結果になるとは想像もしていませんでした」

    「父ともっと旅行をしたかった。父が庭で作る料理の香り、父のコロンの香りが恋しいです」と涙を流した後、タラント被告を見て「この涙は、あなたのためではありません」と述べた。

    「テロリスト(という分類)に、宗教や人種、肌の色は関係ありません」

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ミルワイス・ワジーリさんの意見陳述(英語)。

    ミルワイス・ワジールさんは、事件を生き延びた負傷者の一人だ。タラント被告の顔を見て「彼は何も後悔していないようだ」と言い、台本を置いた。

    「用意してきた陳述書を読むのはやめます。代わりに、あなた(タラント被告)に感謝したい」

    「というのも、ニュージーランドで生活してきたこの17年間、アフガニスタン出身だからという理由で、悪意からかジョークか、私のことを『テロリスト』と呼ぶ人もいました」

    「今この場では、あなた(タラント被告)がテロリストです。私が、そして私たちムスリムがテロリストではないと、あなたは世界に証明しました」

    ワジーリさんがそう言うと、法定からは拍手が起きた。

    「ニュージーランドの人々に言いたい。テロリスト(という分類)に、宗教や人種、肌の色は関係ありません」