V字型の新型飛行機 衝撃的なデザインの発案者は大学生

    KLMオランダ航空が、デルフト工科大学と共同で新型飛行機の開発に投資すると発表した。今年の秋にはスケールモデルを飛ばす予定。

    KLMオランダ航空が新型飛行機を発表した。デルフト工科大学との共同開発に投資する。


    これまでの常識を覆す機体のデザインが特徴的だ。

    Studio OSO / Via youtube.com

    新型飛行機は、着想を得たギブソン製のギターから「フライングV」と名付けられた。

    Fin Costello / Redferns / Getty Images

    フライングVを弾くアメリカのロックバンド「KISS」のポール・スタンレー=1975年

    KLMの社長兼CEOのピーター・エルバース氏は「KLMはさまざまなレベルにおける持続可能性への投資を長年続けており、幅広い開発を実現してきた。デルフト工科大学との漸進的な協力関係を誇りに思っている。持続可能な航空業界の拡大に向けた重要な節目となるだろう」とコメントした。

    斬新な機体デザインの発案者は、ベルリン工科大学の学生、ユストゥス・べナードさん。

    Studio OSO / Via youtube.com

    従来の大型旅客機エアバス A350-900と同等の座席数を確保しながら、燃料を20パーセント削減できるという。

    まだシュミレーション段階ではあるが、「胴体と主翼の相乗効果」があるとデルフト工科大学のプロジェクトリーダー、ロエロフ・ボス氏はCNNに語った。

    胴体が翼と一体化した形になることにより、より少ない空気抵抗で大きい揚力が生まれるそうだ。

    今年の9月にはスケールモデルを試験飛行させる予定。KLMは2040年から2050年までの間に「フライングV」を就航させる見通しだ。

    Studio OSO / Via youtube.com