今年の夏、生産が終了したお菓子はこれ。26年間ありがとう。

    明治が1993年に発売したグミ「ひもQ」シリーズの生産が2019年7月に終了していました。私たちの生活に馴染みのあるグミがまたこの世からひとつ、なくなりました。

    超ひもQ、実はもう製造してないんだってよ……

    食品メーカーの明治が製造・販売していたロングセラーのひも状グミ「ひもQ」シリーズ。

    「超ひもQコーラ&ソーダ味」「超ひもQグレープ&マスカット味」の2種類がありましたが、2019年7月で生産を終了し、販売も終えていたことがわかりました。

    1993年から26年間の長きにわたり、子どもたちから愛されてきた歴史に幕が閉じられたのです。

    知らない間に売り場から姿が消されていたと思うと、余計に寂しいです。

    このことについて、株式会社明治の広報担当はこのように答えます。

    株式会社 明治 提供

    「生産設備の老朽化に伴い終売とさせていただきました。再販につきまして現時点では検討しておりません」

    全長126cmの「超ひもQ」。シリーズが開発された際のコンセプトは「楽しく遊べて、食べておいしい」でした。

    担当者は、「市場に粒タイプが多い中、ひも形状にすることで楽しさを表現しました」と語ります。

    7月の生産終了後、別れを惜しむ声も……。

    株式会社 明治 提供

    7月に最終生産を終えてから、気付いた方からは連絡が寄せられているそうです。

    「具体的な件数は申し上げられないのですが、8月に終売とさせて頂いてから、多くのお客様より惜しむ声を頂戴しております」

    多くの方に寄り添ってきた超ひもQシリーズ、ありがとう。

    ちなみに、明治では「超ひもQシリーズ」の他に2019年に終売を迎える商品はないということです。

    Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here