この缶には夢が詰まってるね。高校生が焼く10種類のクッキーが「努力の塊」と絶賛された。

    独学でこんなにハイレベルなスイーツ 、つくることができるの……?

    あの……缶の中に小さなクッキーがたくさん入っているというだけで、なんだかウキウキワクワクしませんか……?

    Twitterに「好きこそものの上手なれ」を体現している、高校生がいます。

    Soyonさん(@Soyon86434803)が3枚の写真をツイートしたところ、9千回以上リツイートされ、11万回を超える「いいね」が集まりました。

    リプライ欄では「独学でよくここまで作れるなと感心した」「努力の塊なんだろうな」「めちゃいっぱい夢が詰まってる!!!」など、かなりの腕前に大きな反響が寄せられています。

    ………すごい!もしも目の前にこのクッキーがあったとしたら、あまりの素晴らしさに、しばらく眺めていそう。

    SoyonさんのTwitterより / Via Twitter: @Soyon86434803

    中央のサメさんの可愛らしさに加え、上段のアイスボックスクッキーや、しぼりだしメレンゲクッキー。フロランタンなどなど……。

    SoyonさんのTwitterより / Via Twitter: @Soyon86434803

    簡単にはつくることのできないラインナップだと見受けられます。

    数えてみると、なんと10種類ものクッキーが入っていました。熱意や愛を感じます。

    SoyonさんのTwitterより / Via Twitter: @Soyon86434803

    BuzzFeedは、クッキーをつくったSoyonさんに話を聞きました。

    ミルククラウンみたいなタルトを作りました。高校は違うけど一番大切な友人へのバースデーケーキです。

    SoyonさんのTwitterより / Via Twitter: @Soyon86434803

    現在高校2年生の彼女。通っている高校は春休み中です。

    そのため、これまでよりも、趣味のお菓子づくりに時間を割けるようになり、今回クッキーを焼いたんだとか。

    なんと、10種類のクッキーは1日かかってつくられたといいます。

    「朝から生地を仕込んだり、メレンゲを長時間焼いたりで、夕方頃に全部焼き終わって缶に詰めました」

    コメントの中には「詰め方がいいなあ…」「綺麗に収まり過ぎている」などスペースの活用法を褒める声も。

    #2020年自分が選ぶ今年の4枚 今年は本当に周りの人に感謝の気持ちが溢れる年でした。嬉しいことも吃驚することも沢山あって凄く良い経験でした! まだJK生活が一年残ってるので悔いのないように楽しみます🥺

    SoyonさんのTwitterより / Via Twitter: @Soyon86434803

    缶の無駄なスペースをなくすためにやっていることを、このように教えてくれました。

    「ある程度つくる前に構想を立てておくことと、メレンゲや薄めのクッキーで隙間を埋めるようにするときっちり缶に収まります」

    夢はお菓子をネット販売することだと話す彼女は、中学2年生の始め頃から独学でお菓子づくりをスタートし始めました。

    SoyonさんのSNSを見ると、テリーヌやマドレーヌ、ボンボンショコラといった、たくさんのスイーツが並んでいます。スイーツづくりのどんなところに魅力を感じるのか、尋ねると……?

    「完成品が自分の思った通りになると心が踊ります(笑)友人にあげて喜んでもらったり、写真を撮ったりするのも楽しいです」

    今回の大きな反響に「感謝しかない」と喜んでいます。

    「多くの人の目を喜ばせることができて自分もすごく嬉しいです」