• womenjp badge
  • bf4girls badge

自分の体型を好きになれなかったけど……。10年間の過食に苦しんだ彼女が見つけた答え。

「その時、私は過去からのトラウマからも解放された、逃れられたって思いました」

「自分自身を鏡で見たとき、どんな感情、どんな思いが先に浮かびますか?」

自身のYouTubeチャンネルで、視聴者に問いかける大学生がいます。

長谷川ありすさん。アメリカで暮らす彼女は10年もの間、食欲をコントロールできなくなり、頻繁に過食をしてしまう症状に苦しんできました。

過食するたびに「みっともない」「だらしない」と自身を忌み嫌い、責めもしました。

そんな彼女はいま、その症状を克服。自身を変えてくれた、ありのままの自分を愛す「ボディ・ポジティブ」の素晴らしさをSNSで発信しています。

「どんな姿であれ、その人の価値は体型で決まらない」。そう話す彼女に、BuzzFeedはインタビューしました。

そもそもボディ・ポジティブとは?

YouTubeでこの動画を見る

Be Your BFF channel by ArisさんのYouTubeより / Via youtube.com

ボディ・ポジティブは、「All bodies are beautiful(どんな身体も美しい)」を元にした考え方です。

つまり痩せていると思っても、そうではないと思っても、ありのままの自分の身体を愛すこと。そして、こうしたボディサイズに限らず、人種や肌の色、ジェンダー、障害なども自分の個性として肯定的に捉えようというものです。

ありすさんは、日本でもこのコンセプトが「もっともっと広がるべき」だと思っています。なぜなら、誰一人として他人とまったく同じ人はおらず、みんな光り輝く個性を持っているからです。

「みんな違って、みんないいんです。違うのは当たり前ですから」

食事が楽しくなかった過去。

ありすさん提供写真

(痩せたり太ったりを繰り返していた頃。写真を撮るときは、体型がわからないように、わざと体を隠していたそう)

ありすさんは日本に住んでいた時には、食事を楽しめずにいました。太ることへの恐怖心があったのです。

幼少期からソフトボールなどのスポーツが好きで、体型は筋肉質。雑誌やテレビで輝く細身の芸能人やモデルを見ては理想の姿を思い描き、現実の自分とのギャップに落ち込みました。

「周りからは明るく、場を盛り上げるような存在だと見られていたと思います。でも、実際の私は、心に傷を負っている女の子という感じで...」

かつてはバイト先や学校に行くと、体型込みでイジられることもありました。自宅に帰っても、家族から「痩せろ」「食べすぎ」などと言われたそうです。

次第に鏡を見ることが大嫌いになっていきました。

「ある日、鏡で自分を見たときに、自分が太りすぎていて、涙が出てきて…。こう思いました。『これは私じゃない』『この鏡の中に写っている女の子は誰?』『こんな風になりたくない』。その日はずっと泣いてました」

「食欲をコントロールできないんです。ただ、食べても幸せを感じなくなる。食べても食べても満たされなくて…」

「そういうときには、痩せたら満たされると考え、厳しい食事制限をするダイエットに走るんです。でも、人前では我慢できるけれど、辛くて続かない。そして、1人になって気づくと、むちゃ食いしていて止まらなくなる...。そうした負のサイクルを繰り返しました」

当時のありすさんは「食べる=脂肪になる」との強迫観念にとらわれていました。そのため、過度なダイエットに走りました。

もちろん痩せてはいくものの、いつしかストレスが頂点に達してしまう。そして、再び過食をするようになる。お腹が満たされても幸せではないのに、お腹は空いていないのに、手が止まらないのです。

毎日、自分自身に話しかけたことで。

ありすさん提供写真

(留学に来た頃の写真)

彼女はアメリカで、負のサイクルを克服することができました。ダイエットしたのではありません。ありのままの自分を受け入れ、愛したのです。

きっかけは「TED Talks」のある動画との出会いでした。

動画では、イギリスでプラスサイズモデルとして活躍するイスクラ・ローレンスさんが登壇していました。

タイトルは『もう「完璧」を追い求めるのはやめよう』。当時の自分に深く刺さりました。

ありすさんは、それから何カ月もかけて自分自身に語りかけました。「理想の体型」の呪いを解くように。

「体重はただの数字」「自分には食事を楽しむ価値・権利がある」...。

すると、いつしか食後にポジティブな気持ちが湧き出るようになっていました。

「幸せやな。これで宿題頑張れるな。ジムも楽しんで行くよ」

それまでは友人から食事をしようと誘われても、「今はダイエット中だから行きたくない」「食べたら太る」とネガティブに考えました。

食事との関係がよくなったことで、周囲との関係性もポジティブに変わっていったそうです。

体型に悩む人に、覚えていてほしいこと。

大切なのは他人じゃなくて、自分だから。

ありすさん提供写真

ありすさんは例を挙げて説明します。

「セルライトってありますよね。私にはセルライトがいっぱいあります。妊娠線もいっぱい。昔はないほうがきれいだと信じてたから、自分の妊娠線やセルライトを見た時に醜いという考えがありました」

「でも、全部、自分の経験なんです。今日まで生きてきた証であって、まったく恥を感じるべきものではないんです」

そして、「フォーカスすべきなのは自分の心、自分の体」だとアドバイスを送ります。

「他の人が持っていないものをみんな持っています。それを理解するだけでも、気が楽になると思います」

「私には『こうなりたい』って決める権利があり、みんなが自分のために生きるべきだと思っています。体型も自分で決める。他人に心配されるべきものではないんです。ありのままの自分『で』いいんや。ありのままの自分『が』いいんや。そうした考え方を持ち続けたいです」

ありすさんは、自分の身体を愛す練習として、「見て」「触って」「話しかける」3つのステップを勧めています。それを紹介するInstagramの投稿には、こう記されています。

“【はなしかける】声に出す。きれい。あなた。綺麗よ。いつもありがとう。サンキュー。

声に出してあげないと、いつまでたってもネガティブな思考回路はどこへも行かない。褒めてあげる。感謝する。そしたら忌み嫌ってた自分も あ、わたし場違いだわ。って去っていく。

こうやってわたしは自分のボディーを愛せるようになった。

みんなもできそう?”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは2021年の日本をどう生きる?

BuzzFeed

新型コロナウイルスの影響で暮らしが大きく変わった今だからこそ、じっくり考えたい「ジェンダー」「環境」「働き方」のこと。

BuzzFeed Japanは3月6日(土)と3月7日(日)の2日間、イベント「私たちは2021年の日本をどう生きる?」をYouTubeでライブ配信します。

ゲストは、バービーさん(お笑い芸人)、ミチさん(モデル)、犬山紙子さん(エッセイスト)、みたらし加奈さん(臨床心理士)、辻愛沙子さん(arca CEO)、仁禮彩香さん(TimeLeap代表)、林輝幸さん(クイズ王)、横山由依さん(AKB48)、マリエさん(デザイナー)、りゅうちぇるさん(タレント)ほか多数!

両日とも14時から配信。参加(視聴)は無料です。こちらから事前登録をお願いします!