「チャーミングに異を唱えよ」。女性が生きるための「武装」って何だろう。

    痴漢されない、安心して道を歩ける、知らない人に酷い態度を取られない、人として軽視されない、そういう、当たり前に守られるべきことが、武装しないと成立しないということに問題意識を持ってほしい。そんな願いから作られた7種類のグラフィックがあります。

    社会の中で「女性」というだけで軽く見られているのではないかーー。

    見た目だけで痴漢に遭ったり、道で人にぶつかられたり……

    どうして性別でラベリングされて、理不尽な思いをしなければならないのか。

    多くの女性が感じているそんな思いを「黒髪にしたら生きづらくなったので女の子たちに聞いた『自身にとっての武装』を元にグラフィックをつくりました」と添えられたツイートが注目を集めています。

    さて、どんなアイテムを選んでいるのでしょうか。

    「派手髪」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「ばちばちピアス」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「跳ね上げライン」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「ハイヒール」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「キラキラアイシャドウ」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「赤リップ」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「ごついゆびわ」

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    どうしてこのようなグラフィックを作成したのでしょうか。BuzzFeedは作者で東京藝術大学に通う、こまつざきあみさんに話を聞きました。

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    「大学の『チャーミングに異を唱えよ』という課題にて制作しました。怒りで問題を解決するのではなくあくまでチャーミングに!という課題です」

    自身の実体験に基づいて作ったとも明かします。

    「ここ1年ほど髪色が派手だったのですが、最近黒髪に戻したらやっぱり人からの態度が変わったな〜と感じました。それがすごく気持ち悪いことだな、と」

    投稿後、3万以上のいいねが集まったこの投稿。

    リプライでは「ある意味自己防衛としては効果は絶大だと思います!」「私も防御力を上げるために派手髪、ハイヒールにしています」など、個人の経験を元にした声が寄せられ、女性を中心に共感を得ています。

    7種類のアイテムを選んだ理由を尋ねると……?

    「知人に『武装として、しているおしゃれ』をインタビューし、答えてもらいました」

    すべてのグラフィックに書かれている「それは“普通“に生きるための武装」。

    こまつざきあみさんのTwitterより / Via Twitter: @iceblast96

    どんな意味が込められているのでしょうか。

    「痴漢されない、安心して道を歩ける、知らない人に酷い態度を取られない、人として軽視されない、そういう、当たり前に守られるべきことが、武装しないと成立しないということに問題意識を持ってほしくて上記のコピーを考えました」

    現在は黒髪のこまつざきさん。

    最近身につけている「武装」は「濃い化粧」や「ピアス」「ハイヒール」だと話します。

    タイポグラフィにも意図が込められています。

    「社会に対して糾弾するのではなくあくまでチャーミングに伝えるために、第一にキャッチーで可愛いグラフィックであることを意識しました」

    「同時に、可愛いだけでなくメッセージ性のあるものが作れたらいいなと思って制作しました」

    Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here