言葉を話せないからこそ苦しんでいる。オーストラリア火災、渦中の動物たち。

    オーストラリアの森林火災では、4億8000万匹以上の動物が死んだという研究結果も出ています。その現状とは。

    オーストラリアで続く森林火災。

    Brett Hemmings / Getty Images

    BBCなどによると、これまでに1200軒以上の家屋が被害を受けたほか、数百万ヘクタールが焼け野原になったとされています。

    被害に遭うのは、人間だけではありません。

    シドニー大学によると、オーストラリア東部に位置するニューサウスウェールズ州だけで2019年9月以降、4億8000万匹以上の動物が死んだという研究結果を発表しています。

    しかし、4億8000万匹という数字は哺乳類、鳥類、爬虫類の被害数のみで、虫やコウモリ、カエルなどは含まれていません。つまり、実際の数はさらに多くなるということを意味しています。

    動物たちが直面するの実情を、写真で振り返ります。

    1. 死亡した母親と、離ればなれになった赤ちゃんカンガルー。

    Brook Mitchell / Getty Images

    (2019年11月11日撮影)

    2. ケイトというコアラが病院で火傷の手当を受けている様子。

    Nathan Edwards / Getty Images

    (2019年11月29日撮影)

    3. シャーニというコアラが火傷の手当てを受けている様子。

    Nathan Edwards / Getty Images

    (2019年11月29日撮影)

    4. 火災で負傷したコアラ。注射器から栄養を与えられているようです。

    AFP=時事

    (2019年10月30日撮影)

    5. 避難する犬。

    Darrian Traynor / Getty Images

    (2020年1月2日撮影)

    6. 日没時のカモメ。各地で山火事が続いているため、煙が空にかかっています。

    AFP=時事

    (2019年12月4日撮影)

    7. 山火事を逃れた後のワラビー。

    Fairfax Media

    (2019年11月12日撮影)

    8. 火災による煙に満たされた空の下の牛。

    Darrian Traynor / Getty Images

    (2020年1月2日撮影)

    9. 火災により道路を歩き回っている牛。

    Darrian Traynor / Getty Images

    (2020年1月5日撮影)

    10. 火災の煙に包まれながら生活する馬。

    Darrian Traynor / Getty Images

    (2020年1月5日撮影)

    11. 食べ物を待ち望むロバ。

    Brett Hemmings / Getty Images

    (2020年1月6日撮影)

    12. 国有林で死んだワラビー。

    Brett Hemmings / Getty Images

    (2020年1月6日撮影)

    Contact Reona Hisamatsu at reona.hisamatsu@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here