元彼の俳優とラブシーン撮影ってどんな感じ…? 有名ドラマ女優が明かす

    『ビッグバン★セオリー』のレナードとペニーは、現実世界でも2年間交際していました。でもそれは、作中で2人が結ばれる前のことで…。

    世界中で超人気のコメディドラマ『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』。

    Raj, Sheldon, Howard, and Leonard laughing in Sheldon's living room
    CBS / Getty Images

    2007年から、全12シーズンが放送・配信されています。

    『フレンズ』に次ぐシットコムの名作と言われる同作。主要キャストには、1話ごとに約100万ドル(約1億400万円)の出演料が出るほどの人気ぶりです…!

    主要キャラクターのうちの2人、レナードとペニー役で、俳優のジョニー・ガレッキ(左)とケイリー・クオコ(右)は一躍有名になりました。

    Johnny Galecki and Kaley Cuoco
    Theo Wargo / WireImage / Getty Images

    作中でレナードとペニーはカップル(→夫婦)ですが、実は現実世界でも2人は付き合っていた過去があるんです。

    Leonard staring at Penny
    CBS / Getty Images

    2人は2009年(シーズン2放送時)に破局していますが、その後の共演事情についてケイリーがポッドキャストで明かしました。

    「ガレッキとは、2年くらい付き合っていた」

    Penny smiling as Leonard looks through comic books
    CBS / Getty Images

    「番組が始まった最初の頃で、リハ中私はガレッキに夢中だったの。まさか彼も同じ気持ちだとは、その時は思っていなかったんだけど」

    現実世界での破局後、皮肉にも作中ではレナードとペニーが結ばれる展開に。

    CBS

    破局したまさにその週、レナードとペニーのベッドシーンが急に増えたと、ケイリーは笑いながら話しました。

    Leonard and Penny laying awkwardly in bed together
    CBS

    「別れてちょっと気まずかったのは覚えてる。でもその週、チャック(・ロリー、脚本家)が書いたエピソードで、私たちのキャラが突然頻繁にベッドインするようになった」

    CBS

    脚本家は「私たちをからかうためにわざとやったと思う(笑)」とケイリー。そのユーモアセンスに脱帽したそうです。

    ケイリーは他にも、放送・撮影ともに長期間にわたる番組の共演者と付き合うことについて語っています。

    Penny looks at Leonard as they sit on a couch
    CBS / Getty Images

    「もうお互い語りあうことも尽きていたから、その日の撮影で起きたことを話したり、からかいあったりしていた」

    Penny and Leonard read a script
    CBS / Getty Images

    「一緒にセットに行って、一緒にセットから帰る。きっと一緒にいすぎたのかもね」

    「シットコムの撮影って、他の1時間ドラマの撮影とはまた違うの。本当に、毎日顔を合わせていたから『もう話すことないな』って感じだった」

    ジョニーと現実世界で破局した後、役で恋愛関係になったことについて、ケイリーは「変な感じだった」と振り返ります。しかし、2人の関係は「それ以前より良くなった」そうです。

    Johnny and Kaley posing at an awards show
    Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

    「付き合っていた2年間、お互いに夢中だった。でも別れた」とケイリー。「ラッキーなことに、私たちは上手に対処したと思う。今がいちばん親しい関係だって言える」

    『ビッグバン★セオリー』は、シーズン12で完結しています。もうレナードとペニーを見られないのは残念😢

    CBS

    過去のシーズンは、NetflixAmazonプライム・ビデオから視聴できます。

    Actors Kaley Cuoco, Johnny Galecki, Simon Helberg, Kumal Nayyar, and Jim Parsons posing in a golf cart
    Ken Hively / Los Angeles Times via Getty Images

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子