• worklifejp badge
2019年12月27日

「家賃が払えない」「将来が不安」そんな人のために。「年越し大人食堂」が無料で開催

年末年始は、日払い・週払いで働く人には辛い季節。12月31日と1月4日に、美味しい食事と共に、無料の労働・生活相談も受けられる年越し大人食堂が開かれます。

いずれも無料で予約不要 開催時間中いつでもどうぞ

今年の年末年始はいつもより長い9連休になりました。

日払いや週払いの仕事で働く人にとっては職場が休みに入り、収入が途絶えて苦しい期間になります。

そこで12月31日と1月4日の二日間、東京アンブレラ基金NPO 法人POSSE一般社団法人つくろい東京ファンドの主催で「年越し大人食堂」が開かれることになりました。

Kazoka30 / Getty Images

温かくて美味しい食事をどうぞ

料理研究家でビッグイシュー基金共同代表の枝元なほみさんが腕を奮う美味しい料理を食べることができ、専門スタッフによる労働相談や生活相談も受けられます。いずれも無料で予約不要です。

主催者の一人である東京アンブレラ基金事務局で「つくろい東京ファンド代表」の稲葉剛さんは、BuzzFeed Newsの取材にこう語ります。

「働いていてもギリギリの生活で、無事に年を越せるかどうか、不安に思っている方は多いと思います。食事だけでなく、仕事や生活に関する相談もできるので、ぜひお越しください」

協力:パルシステム連合会、有限会社生活アートクラブ、認定 NPO 法人ビッグイシュー基金

31日に開催された大人食堂の様子はこちら。

例えばこんな方大歓迎「家賃が払えない」「将来が不安」

年越し大人食堂は誰でも利用できますが、例えばこんな方に来てほしいと考えています。

・年末年始で一時的にお仕事が途切れ、家賃を払うのが厳しい。


・ネットカフェやシェアハウスで働きながら何とか暮らしているけど、新年から将来が不安。


・お正月を機会に、地方から飛び出してきた。困っているけど、炊き出しなどに並ぶのは怖い。


・会社の寮に入っていたけれど、失職と同時に追い出されてしまった。


Donnichols / Getty Images

将来が見えずに途方にくれている人は専門スタッフにぜひ相談も

ご飯だけ食べて帰るのも自由ですが、専門スタッフが、仕事や暮らし、住まいに関する相談にものることができます。

お金がなくて、泊まるところもない人には、「東京アンブレラ基金」が緊急宿泊費(1泊3000円)の補助も行うこともできます。

12月31日(火)は東京メトロ・新宿御苑前駅近くの「The Space 新宿御苑」で開かれます。

  • 12月31日(火)
  • 開場時間:12:30〜19:30(入退室自由)
  • こちらの時間内で「昼食:1時頃から〜」と「夕食:18時頃から〜」でご提供予定です。
  • 場所:東京都新宿区四谷4-29-12 御苑ビルB1 THE SPACE
  • 費用など:無料・予約不要


1月4日(土)は東京メトロ・東新宿駅近くの「生活協同組合パルシステム連合会」で開かれます。

  • 1月4日(土)
  • 開場時間 12:00〜20:00(入退室自由)
  • ※こちらの時間内で「昼食:12時半頃から〜」と「夕食:18時頃から〜」でご提供予定です。
  • 会場:東京都新宿区大久保2丁目2-6 パルシステム連合会ビル 2F 多目的ルーム
  • 費用など:無料・予約不要


開催費用の寄付も募集中

Donnichols / Getty Images

雨つゆに濡れる人にそっと傘を差し出すように

この年越しイベントは「アンブレラ基金年越しプロジェクト2020」として団体の垣根を超えて行い、寄付を以下のサイトで募っています。

誰も置き去りにしない年末年始を!アンブレラ基金年越しプロジェクト2020にご協力を!|東京アンブレラ基金

困った時に助け合える社会をみんなで作るために、こちらにもぜひご参加ください。



Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here