2019年12月31日

    来年は一からやり直したい。「年越し大人食堂」に集った路上で暮らす人の思い

    9日間にわたる年末年始休暇のなか、収入が途絶えて路上生活に陥ってしまう人や、食事や家賃の支払いに困ってしまう人は少なくない。

    2019年の大晦日。

    例年よりも長い年末年始休暇のなか、収入が途絶えて生活に困っている人や、安定した住まいがない人が、食事をしながら生活・労働相談ができる「年越し大人食堂」が、東京・新宿御苑前で開催された。

    「年越し大人食堂」であたたまる

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    主催したのは、「今夜、行き場のない人」へ緊急宿泊費を支援している東京アンブレラ基金と、NPO法人POSSE、一般社団法人つくろい東京ファンド東京。

    いま困窮状態にある人だけでなく、年明けや今後の暮らしに不安がある人などが集い、食事をしながら、お互いの境遇を話したり、専門スタッフに相談したりすることができる。

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    「今年は特に、9連休と休暇期間が長いため、週払いや日払いで働いている人はその分収入が減ってしまい、ネットカフェ生活を送っている人が路上生活に陥ったり、アパートを借りていても家賃の支払いが厳しくなったりするケースは、多く懸念されます」

    東京アンブレラ基金事務局で「つくろい東京ファンド代表」の稲葉剛さんは、BuzzFeed Newsの取材にそう語る。

    食堂のカウンターに並んだのは、ビッグイシュー共同基金代表の料理研究家、枝元なほみさんが腕を振るった、おこわおむすび、白菜と豚肉のスープ、黒豆、かぼちゃプリンなど。

    食材の多くは、枝元さんの知り合いの農家や、協力団体のパルシステム連合会、有限会社生活アートクラブなどから提供されている。

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    「私が思うにはね、食べ物は『ある』の。でも、その分配がちゃんとされていないんです。だから今日は、みなさんがくださったものを、みなさんに上手に食べてもらいたいと思って作りました」(枝元さん)

    午後4時ごろまでに約30人が訪れ、ソファで身を寄せ合いながら、美味しい料理で体を温めた。

    数週間前に仕事と住まいを失う

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    「年越し大人食堂」に集った人々の中には、数週間前に仕事と住まいを失った人もいる。

    今年の夏に秋田県から上京してきたある男性(25)は、11月に仕事を失い、当時住んでいた会社の寮からも退去せざるを得なくなった。

    一時は友人の家でお世話になっていたが、「これ以上は頼れない」と、自ら路上とネットカフェを行き来する生活を選んだ。

    「今はその日の気温とか、携帯電話の残りの電池量とかを見ながら、ネットカフェに行ったり、ダンボールを持ってきて風除けにして寝たりしています」

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    2月ごろから資金を貯めて、「青春18きっぷ」を使い、普通列車を乗り継いで東京までやってきた。

    契約を切られるまでは、東京オリンピック関連の警備員の仕事をしていた。

    午前6時半の集合時間に間に合うために、毎朝5時台に寮を出た。週5勤務の契約のはずが、「人手が足りないから」と徐々に勤務日数は増え、8日連続で毎日12時間以上働くことも日常だった。

    精神に不調をきたして、休職した結果、契約を打ち切られた。「やりがいのある仕事だったけど、どうしても疲れちゃったんですよね」と男性は言う。

    「年越し大人食堂」のことはTwitterで知り、1週間前から大晦日はここへ来ようと考えていたという。

    「住むところもないし、仕事もできなくて、このままだと年内で本当にお金がなくなりそうだった。来年には住まいとご飯がある暮らしをして、仕事を探せるといいなと思っています」

    来年は「一からやり直したい」

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    他にも「年越し大人食堂」へ相談に来た人の中には、数日前から路上生活に陥った人、「のこり数百円しか持っていない」という人、一人暮らしで今後の暮らしに不安がある人など、さまざまな境遇の人がいた。

    新聞で開催を知ったという67歳の男性は、1年半ほど前から路上生活を始めた。両親はすでに他界し、親族ともほとんど連絡を取っていない。

    冬の路上生活は、朝方がきつい。夜は良くても、朝3、4時になると寝袋の中にいても芯まで冷えて、目が覚めてしまう。

    「やっぱり正月くらい、どこか暖かいところに泊まりたいっていう気持ちがあったから」と、食堂へ足を運んだ。

    あと数時間でめぐってくる新年に向けて、願いはありますか?と聞くと、しばらく沈黙した後に、小さくこう口にした。

    「来年は、一からもう一回やり直したい、と思ってる」

    Saori Ibuki / BuzzFeed

    1月4日にも開催

    年越し大人食堂は、1月4日(土)にも、東京メトロ・東新宿駅近くの「生活協同組合パルシステム連合会」で開催される。

    • 日時:1月4日(土)12:00〜20:00(入退室自由)
    • ※こちらの時間内で「昼食:12時半頃から〜」と「夕食:18時頃から〜」でご提供予定です。
    • 会場:東京都新宿区大久保2丁目2-6 パルシステム連合会ビル 2F 多目的ルーム
    • 費用など:無料・予約不要


    詳細はこちら(https://note.com/umbrellafund/n/n2cfa83887518#Rc0U0)から。

    Contact Saori Ibuki at saori.ibuki@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here