back to top

たばこをやめた肺がん患者が語る 受動喫煙「被害者にも加害者にもしないで」

自分が肺がんになって初めて、たばこの煙の恐怖を知りました

飲食店内での原則禁煙を目指す健康増進法改正案が自民党の根強い反対で宙に浮いている。BuzzFeed Newsは、受動喫煙の加害者と被害者両方の立場を経験した再発肺がん患者の女性(50歳代半ば)の切実な声を聞いた。

50歳で肺がんと診断 「たばこを吸っていたせいだ」

肺がんと診断されたのは、50歳の時です。手足のむくみや関節痛が続き、「更年期障害かな」と思って検査を受けたら、初期の肺がんが見つかりました。

実は私、20歳からずっとたばこを吸っていたんです。父も喫煙者で私や姉が幼い頃から目の前でたばこを吸っていましたし、若い頃やっていた美容師の仲間はみんな喫煙者。たばこに抵抗感はなく、私も吸うのが「働く女っぽい」という憧れがあって、自然と吸い始めました。

20年以上1日1箱ペースで吸っていたのですが、2010年に300円のたばこが410円になる値上げがあったでしょう? 1000円で3箱買えていたのが2箱しか買えないなんてアホらしくなって、禁煙外来に通いました。

喫煙者って病気です。自分の意志では絶対やめられないのがわかっていましたから、禁煙薬をお医者さんに出してもらって、ようやくやめられました。その4年後に肺がんと診断されたんです。「ああ、たばこを吸っていたせいだ」と後悔しましたね。

たばこの煙がいっぱいの飲食店に手術後復職

診断される3か月前から、公共施設の中にある喫茶店でパートをしていました。カウンター席が8つあるだけの小さなお店です。原則禁煙の施設の中で、喫煙ルーム以外で唯一喫煙できる場所でした。お客さんはみんなたばこを吸い、煙がもうもうでした。

私は業務用の換気扇の前で調理もしていましたから、店内中の煙が集中して吸い寄せられる場所で働いていたことになります。それでも病気になる前は、「煙いな」とは思っても、「そんなものだろう」と気になりませんでした。

ところが肺がんの手術後、復職すると、煙の側にも近づきたくなくなりました。マスクをつけて店に立ちましたが、どうしても煙は防げないし、煙を吸うとそのまま体に悪さをして再発するのではないかと怖くてたまりません。煙の匂いを感じるだけで死が頭をよぎりました。

店を辞めて別のところを探そうかとも考えましたが、ただでさえ50代の職探しは難しい。肺がんの手術で肺の一部を取って重いものが持てないし、職場で配慮してもらうためには、病気のことを隠すわけにもいきません。特に就職に有利な資格を持っているわけではない身では再就職は厳しいだろうと思いました。

再発を機に復職を断念「がんが悪化してしまう」

その後、店の改装があって、ちょうどヤニで汚れた壁紙やいすを新調すると聞いたので、店長に「これを機会に禁煙にできませんか?」と相談してみました。でも、「お客さんや売り上げが減るから難しい」と言われました。

その公共施設は原則禁煙で、四方をきっちり囲まれた喫煙室でしかたばこは吸えないのに、屋内にたばこの自動販売機があったんです。店長からは「たばこをすぐそばで売っているのに、うちで吸えないのはおかしいだろ?」とも言われました。

改装休店中にがんが再発し、抗がん剤治療を始めるのを機に、復職を諦めました。抗がん剤治療をすると白血球の数値が下がって抵抗力や免疫力が落ちるので、余計たばこの煙でがんが悪化すると思ったのです。

夫が働いているので生活はしていけますが、二人の子供は大学院生と大学生。まだ学費もかかりますし、自分の稼いだお金で旅行をしたり、日用品を買ったりすることは生活に張りをもたらしていました。

何より、今まで当たり前だった「働く」ということが奪われたのはショックでした。仕事で疲れたり、愚痴をこぼしたりすることもありましたが、どんな仕事でも働けるのは幸せなことなのだと失ってから気づきました。がんになったことで、自分が社会から切り離されたように感じました。

煙職場への再就職も難しいがん患者

今、就職活動をしていますが、昨年夏に再々発をしたので、就職先を見つけるのはさらに難しくなるでしょう。絶対にたばこのないところで働きたいですし、肉体労働はきつくなっているので、事務職を探せるようハローワークでパソコン操作などの職業訓練を受けようとしているところです。

自民党の議員が、がん患者はたばこを吸うような職場で働かなくていいという趣旨のことを発言したそうですが、当然がん患者はそれを望んでいるのに、なかなかそんなに都合のいい職場は見つからないのが現実です。私はまだ夫が稼いでいますが、自分が家族の中で主な働き手であったら、喫煙可能な職場でも我慢していたかもしれません。

知らなかった他人への健康被害

私は病気になって初めて、人が吸うたばこの煙の恐怖を知りましたが、喫煙者の頃は飲食店でおしゃべりを楽しみながら長時間たばこを吸っていました。きっと周りのお客さんや従業員の人に嫌な思いをさせたと思います。本当に申し訳ないことをしたと思っています。

たばこのタールやニコチンが喫煙者自身に与える害については、病院で真っ黒な肺の写真を見たりして知っていました。だけど自分だけはならないというおかしな思い込みがありました。実際に自分が肺がんになって猛烈に後悔しています。吸っていなかったら肺がんで苦しむことはなかったかもしれないと考えることもあります。

さらに、自分のたばこの煙が他人の健康にまで害を与えるとは知りませんでした。肺がんになってから良い治療法はないかと勉強会やシンポジウムに行くようになって初めて、煙の中に有害な発がん性物質が含まれていて、周囲の人の遺伝子にも傷をつけるということを知りました。

人をがんにしたら取り返しがつかない

問題となった自民党の議員は、自分は吸っているけれども子供や孫は誰も文句を言わないし、みんな健康と言ったそうですが、喫煙者の感覚を代弁していると思います。自分が健康被害を与えるとは本当に思っていないのでしょう。私もそうでした。

たばこの煙にさらされた若い人やお子さんたちががんになるのは何十年か後です。自分が喫煙して自分ががんになったら自業自得で諦めもつくでしょう。でも自分の煙のせいで自分の家族や私が吸わせた人たちががんになったら、後悔どころではなく、取り返しがつかないことです。償いようもありません。

政治家の皆さんには、私たち国民を被害者にもしてほしくないし、加害者にもしてほしくないです。命がかかっているのですから。

どうか、税収やお金も大切ですが、国民の健康を第一に考えた議論をしてください。

肺がん患者アンケート 9割が受動喫煙を「不快」

受動喫煙でかかるリスクが1.3倍になってしまう肺がん。9つの患者会で作る「日本肺がん患者連絡会」などがインターネット上で肺がん患者にアンケート(有効回答215人)をしたところ、9割を超える患者が受動喫煙を「不快」と答えた。

「肺がんが再発・進行するのではないかと脅威」「肺がんになってからは特にたばこの煙が恐怖」など、病気に与える影響を恐れる声が目立つ。

広告

そして、がんになってから受動喫煙をした場所で最も多かったのが「飲食店」で、87.7%(186人)が経験。2位の路上(133人、62.7%)を大きく引き離した。

現在働いている人の中で、職場で受動喫煙に遭った人も30.5%いた。


「取引先の喫煙者が目の前で吸うため非常に困っている」(50代男性)、「小さい会社で社長が吸っていると下っ端の自分が意見を言えるはずない」(40代女性)、「地方ほど職場の禁煙は徹底されていない。受動喫煙のない職場を選ぶとなると失業状態が長く続くことを覚悟せざるを得ない」(40代女性)など、受動喫煙から逃れたくても逃れられない苦しさを訴える声が多い。

受動喫煙で仕事を辞めざるを得なかった人も8人(4.2%)いた。その一人が冒頭の体験談を語った女性だ。

このアンケートは、受動喫煙防止策について議論した席で自民党の大西英男議員が「(がん患者は)働かなくていい」「私は 50 年たばこを吸い続けています。我が家も自由にたばこを吸い続けており、子供4 人、孫 6 人、誰も不満を言いません。みんな健康です」などと発言したことに憤り、患者の生の声を届けようと先月末に緊急に行われたものだ。

「誰もが加害者になる可能性」「法律改正を」

アンケートの最後には患者の悲痛な訴えが並ぶ。

「食事に行き、禁煙室を希望して入っても、仕切りがないところがあります。肺がんで手術もしているので息苦しさを感じる時があります。何よりまだがんになっていない方、子供達にがんになってほしくありません。なってからでは遅いです。私は一度もたばこを吸ったことがないので、喫煙者の気持ちが理解できませんが、人に迷惑のかからない所でお願いします」(60代女性)

「元喫煙者だからこそ申し訳ないという気持ちでいっぱいです。せめてもの救いは自分が病気になったことです。誰もが加害者となる可能性は持っています。ですから法律で律することが大切と思います」(50代男性)

「私以外の家族は全員喫煙者。私は発がん性物質の入った煙を20年間吸い込んできました。大切だと思う人たちの20、30年後の健康を考えてください」(50代女性)

「肺がんを患ってから、禁煙店以外の飲食店に恐怖で入ることができなくなりました。進行しそうだし、煙を吸うと体調が悪くなるからです。飲食店以外でも自宅ベランダで隣の住人からの受動喫煙の被害にあっています。どうか助けてください。世の中から受動喫煙被害が減りますように法律改正をお願い致します」(40代女性)

自身もステージ4の患者で、今回のアンケートを企画した日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さん(46)は、「職場や飲食店で受動喫煙を受けている人が未だにこれほどいるのかと愕然とする結果でした。厚生労働省の受動喫煙防止策に反対する人は、『喫煙可能か表示して選ばせればいい』と言いますが、そういう考えの陰で苦しんでいる人がいることを知ってほしい」と話している。


Naoko Iwanagaに連絡する メールアドレス:naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored