80年代のショッピングモールを忠実に再現した「ストレンジャー・シングス」モデルは監督の地元?

    カメラに収められているショッピングモールは、製作を手掛けるダファー兄弟がまさに通っていたモールだった。

    写真家、マイケル・ガリンスキーはアメリカ中のショッピングモールをカメラに収めていた。

    Michael Galinsky

    19歳のとき、彼は友人と一緒にアメリカ中を旅して周り、これらの写真を撮影していた。

    彼はいま、これまで未発表の写真を集めた写真集「The Decline of Mall Civilization」の発売へ向けて、クラウドファンディングを実施している。

    Michael Galinsky

    彼の写真を何枚か紹介した際に、寄せられたのは想定外のメッセージだった。それはNetflixで配信中のドラマ「ストレンジャー・シングス3」に似ているという指摘だった。

    Netflix/Michael Galinsky

    マイケルはこうした反応を受けて、「彼らは本当によくリサーチをしている」とコメントしている。

    Michael Galinsky

    「ストレンジャー・シングス」に登場するショッピングモールは80年代のアメリカをどこまでも忠実に再現している。

    Michael Galinsky

    「ストレンジャー・シングス」の製作を手がけているダファー兄弟はノースカロライナ州のダーラム近郊で生まれ育った。マイケルはにその近くにあった3つのショッピングモールも過去に撮影していた。

    Charley Gallay / Getty Images

    以下は、マイケルのコメントだ。

    「今回の写真集に収録している写真の多くはサウススクエア、ノースゲートそしてユニバーシティーモールで撮影されたものです。

    クラウドファンディングサイト上でのコメントやメールで、(「ストレンジャー・シングス」に登場するモールと)似ているというが届いています。

    15〜20箇所のショッピングモールを撮影していますが、そのうち3つのモールの近くに彼ら(ダファー兄弟)が住んでいて、しかもそのうち1つによく通っていたというのはとても興味深いことです」

    Michael Galinsky

    こちらが「ストレンジャー・シングス3」でのワンシーン。

    Netflix

    そしてこちらがノースカロライナ州にあるノースゲートの写真。

    Michael Galinsky

    マイケルは「ストレンジャー・シングス」に非常に似た風景が登場する写真を何枚か選び、送ってくれた。

    Michael Galinsky

    そこにはアメリカの80年代の風景が広がっている。

    Michael Galinsky

    この風景も…

    Netflix

    たしかに、そこに存在していた。このモールはダファー兄弟が通っていた学校から3kmほど離れた場所にある。

    Michael Galinsky

    見慣れたあの景色も…

    Netflix

    やはり実在のモールがモデルになっている。

    Michael Galinsky
    Netflix

    (劇中の写真)

    Michael Galinsky

    (実際の風景)

    Netflix

    (劇中の写真)

    Michael Galinsky

    (実際の風景)

    Netflix

    (劇中の写真)

    Michael Galinsky

    (実際の風景)

    Netflix

    (劇中の写真)

    Michael Galinsky

    (実際の風景)

    ダファー兄弟の思い出のモールを忠実に再現した「ストレンジャー・シングス」製作陣の努力に拍手!

    Michael Galinsky

    より再現度を高めるため、今は使われていないジョージア州・ダールスのモール跡地で撮影されている。

    マイケルの写真集はこちらから確認することができる。

    Michael Galinsky

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:千葉雄登