• English badge
Updated on 2019年4月18日. Posted on 2019年4月11日

【サクッと英文記事】僕のiPhoneに知らないおっさんの写真が流れてきた話

BuzzFeedの海外記事を英語と日本語でお届け!BuzzFeedのスタッフの携帯電話がバーで盗まれた。1年後、フォトストリームには見ず知らずの男が映る写真が…ここから物語は思わぬ方向へと進み始める。(英文の下に翻訳文あり)

【重要単語】

speculate:推測する

hauntings:怪奇現象

crouching:身をかがめる

I've broken this story up into three chapters. It should never have gone this far, but the internet works in mysterious ways. None of this should have ever happened. It makes absolutely no sense at all. It's truly crazy.

Chris Ritter for BuzzFeed

LONG, LONG AGO (January 2014 lol)...

Bro Orange

THE STORY BEGINS in early 2014 when I was in the East Village at my favorite bar, EVS. I've said this multiple times so far, but I swear it's on St. Marks and it's not douchey. Also don't start going there, because it's my bar and it's impossible to find a not-crowded bar in New York City with a good happy hour. So yeah, don't go there.

Anyway, it's like February 2014 and I'm out drinking my $20 happy hour bottle of wine when someone comes into the bar and swipes my phone off the table. Honestly, it's genius. I applaud the person who took my phone. I bet you he stole 20 phones that night. It's the perfect place to steal phones. Bravo. Genius.

Anyway, I call my phone and it goes straight to voicemail: the international sign of death. I was never seeing that phone again. The phone was gone.

About a year later...

I'm sitting on my couch with some friends going through my photo stream on my new phone. That's when I see a ton of pictures I didn't take, most memorably about 20 selfies of some dude and an orange tree. Hilarious and scary.

I obviously freak out, show everyone the pictures, and for an hour we all speculate about what the fuck is going on with my phone. We come up with a bunch of theories that basically revolve around crossing iCloud photo streams, North Korea hackings, and hauntings. My phone is possessed.

For a month, this orange man's pictures keep on showing up on my phone. I start to get used to the daily photo updates, and it becomes fun for me to check my phone and see this guy's pictures. It's mysterious.

Some of the pictures that showed up on my phone included hundreds of pictures of fireworks (WHO DOES THAT?!)...

...little hands...

...and a truly terrifying picture of a crouching person through a really dirty window.

I don't really do anything about these mystery photos until I talk to a friend of mine and he scares the shit out of me. He asks me if I lost a phone recently. I didn't recently, but over a year ago. He says that my phone is in China. That's where most stolen iPhones end up.

Boom. Story solved. My stolen iPhone is in China and this man is still logged into my iCloud.

I go to the Apple Store and sure enough, my old iPhone is online. I delete the phone. It is essentially a brick. The man who has my phone cannot use it anymore.

I'm relieved and happy. I solved the mystery.

Story over.

【日本語訳】

インターネットとは不思議なもの。書いている自分でさえ、未だに本当に起きたことだというのが信じられない……!

Chris Ritter for BuzzFeed

むかし、むかし(2014年1月)...

Bro Orange

この物語は2014年の初めごろ、イーストビレッジのお気に入りのバー、EVSで飲んでいたところから始まる。

何度も言っていることだし、聖マルコに誓ってもいい。EVSは断じてダサいバーではない!

ニューヨークでハッピーアワーをやっているバーを見つけるのはひどく難しい。

僕の行きつけだから、みなさんはどうか通わないでほしい。本当に来ないでね!

……とにかく、2014年の2月ごろ、ハッピーアワーに1本20ドルのワインを飲んでたら、iPhoneがなくなった。

誰かがテーブルの上から盗んだようだった。

いやあ、感心した。拍手喝采だ。きっとそいつはその夜だけで、20台くらいは電話を盗んだんだろう。

携帯電話を盗むにはうってつけの場所だ。天才的だよ。ブラボー。

iPhoneがなくなったことに気づいた僕は、すぐに自分の番号に電話した。

繋がったのは留守電。電話が死んだ時の世界共通語だ。

僕のiPhoneは、消えた。

それから1年後……

新しくしたiPhoneで、フォトストリームを友達とソファに座って見ていた。

撮った覚えのない写真が次から次へと出てくる。

特に印象的だったのが、知らない男がオレンジの木の前で写っている自撮り写真だった。

笑えるけど、怖い。

興奮した僕は、友達に写真を見せて回った。

なぜこんなことが起こるのか。みんなで小一時間推理した。

北朝鮮にハッキングされた? それとも怪奇現象? iCloudのトラブル? いろいろ考えたが、明らかなのは盗まれたあの電話を、どこかの誰かが持っているということだ。

1カ月間、オレンジの男はフォトストリームに現れ続けた。

彼の写真が日々更新されるのにも慣れた。慣れたというより、毎日新しい写真をチェックするのが楽しみになってきた。

不思議なものだ。

やたらと枚数の多い、花火の写真(どこで誰が打ち上げたのか…)

汚れた窓から見える身をかがめる人の写真。怖い。

謎の写真は、ずっと放っておいた。だがある友人が、怖いことを言い出した。

友人「電話をなくしたのは最近?」

僕「1年以上前だよ」

すると彼は言った。

「君の電話は、中国にあるよ」

中国。そう、多くの盗まれたiPhoneが最後に辿り着く、かの地。

なるほど。謎が解けた。僕の盗まれたiPhoneは中国にある。

そして僕のiPhoneを持っている男は、僕のiCloudにログインしたまま使い続けている。

アップルストアに行って確認した。

案の定、僕の古いiPhoneはiCloudがオンになっていた。

もう自分のものじゃない。リモートから削除してもらった。

僕のiPhoneを持っている男は、もう僕のiCloudにログインすることはない。

正直、ホッとした。謎は解けたのだから。

でも、物語はまだ終わらなかった。

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:中野満美子 / 伊藤大地

BuzzFeed Daily

Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

Newsletter signup form