back to top

【リオ五輪】オリンピック選手のものすごい身長差をとらえた写真

めっちゃすごい。

バレーボールアメリカ代表チームのデイビッド・リー選手の身長は、203センチメートル。

彼は背が高い。
Sean M. Haffey / Getty Images

彼は背が高い。

新体操アメリカ代表チームの金メダル候補、シモーネ・バイルズ選手の身長は、142センチメートル。

彼女は背が低い。
Harry How / Getty Images

彼女は背が低い。

この2人が並んで立つとこんな感じになる。

ものすごい差だ。
Twitter: @Simone_Biles

ものすごい差だ。

シモーネは、「オリンピック選手の体の大きさは、何のスポーツをしているかによって違うので、身長の違いは気になりません」と話しています。

その通りですね。

Fox
友だち追加数