back to top

ヘアケア製品のダウン症モデル「美はみんなのもの」

自信にあふれる彼女の姿をご覧あれ。

彼女はケイティ・ミード。ダウン症の女性として、初めて、ヘアケア製品のキャンペーンの顔になった。

Beauty & Pin-Ups

32歳のケイティは、障害を持つ人と、ボランティアたちの交流団体「Best Buddies」のアンバサダーを務めている。彼女はヘアケア製品の会社「Beauty & Pin-Ups」のケニー・カーンCEOに昨年7月に出会い、すぐ仲良くなった。

Beauty & Pin-Upsの新しいヘアケアラインの名前は、「Fearless (勇敢)」だ。ケニーは名前が決まった時「ケイティ以上に勇敢な人はいない。キャンペーンの顔はケイティに決まりだ!」と思ったという。

Beauty & Pin-Ups

「私は自分に自信を持っています」とケイティ。「私はみんなにインスピレーションを与えたい。私の経験を共有して、勇敢であるとはどういうことなのか、伝えたいのです」

「障害がある人にも能力があるんだって、みせられることはとっても楽しい」とケイティ。

Beauty & Pin-Ups

ケイティのキャンペーンへの反応の多くは、とってもポジティブだ。「コメントをみていると、私は今、世の中を変えているんだ!って、感じます」