テイラー・スウィフト、討論会に向けて民主党を応援するクッキーを手作り

    投票を積極的に呼びかけているテイラー・スウィフト。雑誌のインタビューでは、「今年の大統領選挙で、私は自信を持ってジョー・バイデンとカマラ・ハリスに投票します」と答えています。

    現地時間10月7日夜、約1カ月後に迫ったアメリカ大統領選挙に向けて、副大統領候補の討論会が行われました。

    Patrick Semansky / AP

    左は、民主党・バイデン陣営のカマラ・ハリス上院議員。バイデン候補が当選した場合、アメリカ史上初めてアフリカ系・アジア系女性の副大統領が誕生します。

    右は共和党・トランプ陣営のマイク・ペンス副大統領。これまでトランプ大統領を支えてきました。

    討論会の直前、歌手のテイラー・スウィフトがインスタグラムを更新し、手作りクッキーの写真を投稿しました。

    Taylor Swift / instagram.com

    クッキーには、バイデン候補とハリス上院議員の名前が。

    Taylor Swift / instagram.com

    投稿には「今夜の討論会を見ながら、テレビに向かって叫んでハリス議員を応援する」とコメントしています。

    民主党のシンボルカラー、青でアイシング。完璧な仕上がりです…!

    Taylor Swift / instagram.com

    同日、雑誌「Vマガジン」のウェブサイトにテイラーのインタビューが掲載されました。そこでテイラーは、投票の重要さを語っています。

    私たちが最も必要とする変化は、有色人種の人々が安全を感じられること、そして軽視されていないと感じられること。女性が、自分の体に起こることを選択する権利があること。LGBTQIA+ のコミュニティが認知され、包括されること。この変化を生める大統領を選ぶこと。

    地球規模の健康問題のリスクを真剣に受け止め、国民の生活を第一に考える政府を、誰もが持つべきです。物事をより良くするために、私たちが始められる唯一の手段は、これらの問題に積極的に向き合い、解決方法を見つけられるリーダーを選ぶことです。

    今年の大統領選挙で、私は自信を持ってジョー・バイデンとカマラ・ハリスに投票します。彼らのリーダーシップの下なら、アメリカが今必死で求めている回復のプロセスを始められると信じています。

    Vマガジンは、投票を呼びかけるキャンペーン「V is for Vote campaign」を運営し、インタビュー記事を掲載しています。テイラーもこれに参加。投票という意味の「Vote」の頭文字が大きく描かれた写真を、手作りクッキーの写真と一緒に投稿しました。

    同キャンペーンには、他にも多くの著名人が名を連ねています。クリス・エヴァンス、マライア・キャリー、ジェニファー・ローレンスなどなど!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子