back to top

90年代に大学に行った人だけがわかる27のこと

スマートフォンもWi-Fiもない。この苦労は今の学生には絶対にわからないでしょう。

2. インターネットが使いたかったら「コンピューター・ルーム」に行かなくてはいけませんで した。ページの読み込みを待つのに何時間も費やしたものです

Hotmail をチェックしてからチャットルームでちょっと会話したいだけなのに。

同じ寮にこういったことが得意で部屋にパソコンがある生徒がいて、違法にテレビ番組や映画をダウンロードしてもらったことのある人もいるでしょう。でもその作業は、学期が終わってしまうくらい時間がかかったはずです。

4. あの頃は、作業するのに絶対テクノロジーが必要というわけではありませんでした。Wikipediaは存在しませんでしたし、ノートは万年筆でとっていました。保存するにもリングバインダーにとじていました

reddit.com / Via reddit.com

当時はまともな字が書けましたし、そのことに誇りも持っていました。最近ではペンを持つだけで手がつるし、ましてやA4サイズのノート1ページをきれいな字でうめるなんて無理です。

広告
広告

12. 大学に入ったばかりのころの会話は、80年代の子供のテレビ番組が中心でした。

tvcream.co.uk

それ以外に、「どの学校に通っていたの? 何が専門なの?」など、色々な人に同じことを何度も聞かれました。今ではそんな質問も減りました。なぜかというと、学期が始まる前にソーシャルメディア上で友達になるので、こういった基本的なことはすでに知っているからです。

広告

13. 一学期の終わりには、休暇中も互いに連絡がとれるように、新しい友達全員の電話番号と住所をノートに書きとめました。

Jamie Wolpert

ポケベルを持っていた人も1人か2人はいたかもしれません。

休暇中に友達に電話をかける時は、友達の父親が電話に出て、友達と話す前に少し言葉を交わさなくてはいけなくなるかもしれないという危険が常にありました。

広告

17. 電車やバスの時刻表は、壁に貼ってあるか引き出しに押し込んでありました

一般的に、当時は紙であふれていました。Google Mapsが登場する前は、どこに行くにも地図を持ち歩いたものです。

広告

22. カセットデッキがダビングに対応しているかどうかは大事なことでした。いつ誰かにテープを作ってあげたくなるかわかりませんからね。

longagoandohsofaraway.wordpress.com

再生順序を考えたりトラックリストを手書きしたり、作り上げるには週末中かかる場合もありました。

クールなDJタイプに限り、「ミックス・テープ」と呼んでいましたね。

広告