Sponsored

ちょっと明日釣り行こってなる...!人気タレントが「釣った魚でつくった料理」が最高においしそう

魚好きさんや、今晩のごはんが決まっていないみなさんもぜひ見て!

Tasty Japanがお届けする料理バラエティ「Tasty クッキングバトル」。

出演者がテーマに沿ったレシピを考案&調理して、料理の腕を競い合う番組です。


第1回目となる今回は、「東京湾アジ釣り編」! 

ということで船釣りに出かけて、釣ったばかりの新鮮なアジで料理バトルを行いました🔥 対決したのは、釣り歴10年の13代目アングラーズアイドル・神野梓さんと、釣り歴30年以上のタレント/俳優・杉浦太陽さんです。

その結果は…?こちらの動画でチェックしてみてください🐟

YouTubeでこの動画を見る

BuzzFeed

釣ったばかりの魚をその場で調理して食べるって贅沢だし、おいしそう🥺 しかも意外と簡単なんです。

おふたりがつくった料理のレシピはこちら!

👇杉浦太陽さんがつくった料理レシピ

アジのフレッシュタルタルサラダ / アジのシチリア風パスタ

👇神野梓さんさんがつくった料理レシピ

洋風なめろう / アジのアクアパッツァ

※番組ではイシモチを使用しましたが、レシピはアジに変更しています。

ちなみに春〜夏が旬のアジは、釣りたてだと格段においしいそうですよ!

釣り好きさんも、釣りに興味はあったけどまだ挑戦できていないって人も、動画を見たら「ちょっと明日釣り行こっ...!」って思ってしまうかも。

そんなときはぜひ以下の「釣りのマナー」を読んで、安全かつ快適に釣りを楽しんでくださいね😉🌊


🎣釣り人3つの心得🎣


①釣り場はみんなのもの

近隣に住む人、漁港で働く人、海に住む生態系全ての場所。全員が気持ちよく過ごせるように行動しましょう。

②安全第一

出かける時はライフジャケット、天気予報、立入禁止区域などしっかりチェックしましょう。

③マナーを守ってもっと楽しく

みんなが気持ちよく参加できれば、釣り好きの輪がもっと広がります!


🐙🐟これだけは知っておきたい!マナー5箇条🐟🐙


①ゴミは持ち帰る

ポイ捨ては厳禁。ゴミは自分の家に持ち帰りましょう。飲食物やタバコの吸い殻、釣り用具(ライン、釣り針、ルアー)のポイ捨て被害により、釣り場が閉まってしまうことも😵

②立ち入り禁止の場所に入らない
立ち入り禁止エリアはほとんどが私有地や社有地です。トラブルを避けるためにも、立ち入り禁止エリアには入らないようにしましょう。

③コミュニケーションをとる

楽しく安全に釣りをするために、釣り場では隣の人などに挨拶をしましょう。コミュニケーションをとることで、釣り糸の絡まりを未然に防げたり、情報交換できたりすることもありますよ!

④釣り竿の扱いには注意する

いざ釣りだ...おっとその前に前後左右を確認! 釣り竿は思ったよりも長いんです。ルアーで周りの人を怪我させないように、前後左右の確認も忘れずに。

⑤車は決められた場所に駐車する

路肩や漁港関係者専用の駐車場への駐車は避けて! 漁港関係者の仕事に支障をきたしてしまうんです😢 事前に調べた上で、車は決められた場所に止めましょう。

LOVE BLUE事業は日本釣用品工業会と日本釣振興会の協働事業です。