• animaljp badge

動物病院での実話をもとにした1枚の漫画に、ネットの読者「尊さが爆発してる」

鳥:「スキヤデ!チュチュチュ」「セカイイチ カワイイネ」

数年前に動物病院で立ち会った出来事を描いた、ほっこりする漫画が話題になっています。

動物病院で順番待ちをしていたときのこと…。

なご / Via Twitter: @ikng_0

同じく順番待ちをしていた鳥のつくねちゃんが、受付で名前を呼ばれた瞬間、「スキッテイッテ!カワイイネ」「スキ!スキ!ツクネガスキヤデ!」などと喋りだしたのです。

つくねちゃんは、飼い主さんにからかけられている言葉を覚え、真似したのでしょうか。居合わせた人も「尊い・・・っ」とほっこりした様子です。

この漫画がTwitterに投稿されると、「尊さが爆発してる」「こんな形で我が子への愛が周りに伝わるなんて…なんて素敵…」「やっぱりわが子がいちばん!」などたくさんのコメントが寄せられました。そして、3万以上のリツイートと15万以上の「いいね」を集めました。

BuzzFeedは作者のなごさん(@ikng_0)にお話を伺いました。

なごさんは猫2匹と暮らしており、普段から猫との日常などの絵を描いています。

この漫画は実話をもとにしており、なごさんは「飼い主さんと鳥ちゃんの名前は変えていますが、見たままを描いています」と説明します。

当時、鳥ちゃんは名前を呼ばれたことで、おしゃべりスイッチが入ったのか、診察室に入るまでずっと「スキスキ!」と話し続けていました。

この行動を受け、飼い主さんは「ちょっと照れ臭そうに『静かに!』となだめつつ、『仕方ないなぁ』と受け止めている感じ」だったと振り返ります。

様子を見ていたなごさんは「愛情たっぷりに育てられてるんだなぁ、可愛い言葉ばかりでいい関係だなぁ」と思い、その場に居合わせた人同士でも「かわいいね」「鳥ってあんなに上手に喋るんだね」と盛り上がったのだとか。

「ペットが大事なのはみなさん共通だと思うので、ただただ微笑ましく見守っていました」

実は、この話は数年前の出来事でした。
ですが、ふと思い出し、描こうと思ったのです。

それは、とてもかわいい瞬間に立ち会えたことを共有したいと思ったから。

「最近暗いニュースが多いので、ほんわかしたことをシェアできてよかったです」

飼い主さんの愛が伝わるこの漫画には、「もしもうちのペットが言葉を話せていたら…」と想像を膨らませる反応も多くありました。猫としか暮らした経験がないなごさんも、「おしゃべりできるのが羨ましいです」とコメントしています。