• womenjp badge

出産直前の女性が上司に送った1本のメールが、マタハラの議論に。陣痛が始まっても休めないってホント?

陣痛が始まって入院することを、職場にどう伝えるか...。上司に送るメッセージの内容に悩む女性の動画がSNSで話題を呼んでいます。

1人の女性がTikTokに投稿した何気ない動画が、出産時のハラスメントについて議論を呼んでいます。

一児の母親メリッサ・パースさんは、出産予定日の9日前に陣痛がきたため、入院することになりました。

翌日から仕事を休む必要があり、上司に送るメールの内容を気にかけていたそうです。

その様子を撮影した動画がSNSで話題となり、500万人のユーザーから注目を集めました。

@mpmoney27

labor is stressful, calling out is even more stressful #pregnancy #birth

♬ original sound - marissa

動画では、パースさんがメールの内容を読みあげる様子が撮影されています。

@mpmoney27 / tiktok.com

パースさんは、

「陣痛がはじまったので、入院することになりました。給料明細は、明日、母か弟が取りにいってもいいですか?」とメールを読みあげました。

その後、撮影者であるパースさんの夫に、メッセージの内容が大丈夫か確認し、彼が「完璧!」と応答するやりとりが映っていました。

誰もが経験する、上司へのメールの文面を考え過ぎてしまう瞬間をとらえた動画。

しかし、この何気ない投稿に対し、多数のユーザーが反応。

働く女性や母親に関する職場の現実にスポットライトを当てたコメントが多く寄せられました。

特に、出産時に職場で経験したハラスメントを挙げるコメントが多くありました。

@mpmoney27 / tiktok.com

「私が入院しているとき、上司に『今週は全部出勤できるか?』と聞かれた」

@mpmoney27 / tiktok.com

「息子を予定より3カ月半早く産むことになったのですが、その事実が最初にわかったとき、私が最初に発した言葉が『仕事はどうするの?』でした」

最悪なことに、陣痛時のシフトを代わってくれなかったというコメントもあります。

@mpmoney27 / tiktok.com

「子宮頸部の検査待ちの時間でも、シフトに入れられていた」

@mpmoney27 / tiktok.com

「(陣痛がきても)ちょっと待ってくれないかと聞かれました」

さらに、こんなひどい仕打ちに遭う人もいました。

@mpmoney27 / tiktok.com

「『翌日ではなく、(今日)医師と一緒に来てください。妊娠の場合は、書類の提出が必要です』と言われた」

@mpmoney27 / tiktok.com

「次回(出産するとき)は、陣痛直前に申告しないでください」

@mpmoney27 / tiktok.com

「職場で発作を起こし早退したとき、『なぜ早退すると伝えないのか』と上司が電話してきた」

@mpmoney27 / tiktok.com

「おなかの息子を死産してしまい、病院にかかっていたとき、職場からいつ戻ってくるんだ?と連絡がきた」

@mpmoney27 / tiktok.com

「働く女性に問題があるとでも(上司は)言いたいのかな」

BuzzFeedは、パースさん夫妻に話を聞きました。

Marissa Peirce

パースさんは、カフェのドライブスルーの窓口で働いています。出産当時の状況を思い出し、こう語りました。

Mark B. Carrier

「陣痛があった日は、夜中の2時に出勤して朝10時まで働く予定でした」

「考え過ぎかもしれないですけど、とにかく不安だったので、上司にメッセージを送らなきゃと思いました」

「出産予定日まで9日も早かったので、陣痛が来るなんてまったく予想していませんでした」

パースさんは、仕事を休んだことで上司に怒られるのではと心配していたわけではなく、出産の状況全体にとても不安を感じていたと明かします。

Marissa Peirce

「私は若くして母親になったわけです。しかもコロナ禍の病院で、9日も早産でした。おまけに、仕事を休むことを上司に連絡しなければならず、不安でした」

さらに、寄せられた多数のコメントについても言及しています。

Marissa Peirce

「育休制度が整っていないことについて、コメントもありました。アメリカでは産休や育休の制度が整っていないですよね。私もとても残念に思っています」

「私もでしたが、陣痛がくるまで働かなければならなかった人は、私の身近にもいました。出産後、数週間で職場復帰しなければいけない人もいました」

「残念なことに、私も産休はもらえなかったし、夫も育休はとれませんでした。夫は、病院から帰ってきて24時間以内に職場に戻っていました」

産休は取れなかったものの、それでもパースさんは幸運だったと締めくくりました。

Marissa Peirce

陣痛がきたとき、上司とチームの人たちは喜んで仕事を代わってくれたそうです。無事に生まれてよかったですね!

パースさんのSNSアカウントはこちら!

TikTok:@mpmoney27

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:髙島海人