back to top

水害後の「消毒」。持っておきたい身近な2つのもの

岡山市は、Twitterで水害後の「細菌やカビの繁殖」に注意を呼びかけた。

浸水被害がでている岡山市は、Twitterで水害後の「細菌やカビの繁殖」に注意を呼びかけた。

【水害時の感染症対策と消毒方法】 家屋が浸水すると、細菌やカビが繁殖しやすくなり、食中毒や感染症にかかる恐れがあります。下水道から逆流した汚水が混入している恐れがある場合の消毒方法を岡山市ホームページでお知らせしています。 詳しくは https://t.co/RBGK4Mx4pm をご覧ください。

消毒に必要なものは2つ。「逆性石けん」と「家庭用塩素系漂白剤」だ。どちらもドラッグストアで購入できる。

Amazon

日常的に使うこともできる。

「塩化ベンザルコニウム」が含まれる「逆性石けん」は医療機器の消毒や食中毒対策などに用いられ、「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれる「家庭用塩素系漂白剤」は、ノロウイルス対策などにも有効だ。

広告

水害時はそれぞれ、手指や家具、床などに「逆性石けん」が。食器や衣類、浴槽などには「家庭用塩素系漂白剤」が有効だという。

岡山市 / Via city.okayama.jp

一方、日本環境感染学会のガイドラインでは、「家庭用塩素系漂白剤」は家具類や床にも有効だとしている。

塩素系のため、ほかの消毒液と混ぜないことや、金属やゴムを腐食させたり、色落ちさせたりすることにも注意が必要だ。

作業をするときは消毒液が目に入らないよう、皮膚や長袖・長ズボン・メガネ・マスク・ゴム手袋などを使い、皮膚や目にかからないように注意しよう。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.