go to content

ISの「絶好の標的」 ニューヨーク日本領事館、感謝祭のパレードでテロ警戒呼びかけ

NYPD「具体的なテロ予告はない」

在ニューヨーク日本領事館が、ニューヨーク・マンハッタンで11月24日に開かれるパレードで、IS(イスラム国)のテロに警戒するよう呼びかけている。

Timothy A. Clary / AFP / Getty Images

「不測の事態に巻き込まれないように」との注意喚起が出されたのは「メイシーズ・サンクスギビング・デイ・パレード」。

チェーンストア「メイシーズ」が感謝祭に合わせて主催しており、様々なバルーンがマンハッタンの道の上を飛び回る。

300万人近くの人たちが見学するほどの大イベントだ。

注意喚起によると、ISは11月24日のパレードが「格好の標的」であるとみている。発行する英語雑誌では、トラックなどを使ったテロ攻撃を特集したという。

Valery Hache / AFP / Getty Images

2016年7月に、フランス・ニースであったテロのようなものだ。ニースでは、86人が死亡、400人以上が負傷している。

11月18日に出された注意喚起では、「これまでも祝祭日・記念日等に開催される不特定多数の人が集まる大規模イベントは、テロの標的となっている」と指摘。

「従来以上に安全に注意する必要があることを認識した上で、安全確保に十分注意してください」と呼びかけている。

NBCニュースによると、ニューヨーク市警察はテロ警戒のため、トラックやコンクリート壁でバリケードを作り、不審なトラックな侵入を防ぐ対応をするという。

さらに「具体的なテロ予告はない」と発表。十分な安全対策を講じているとして、「家族連れで見学して、パレードを楽しんでほしい」としている。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kantaro Suzukiに連絡する メールアドレス:kantaro.suzuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.