• tokyo2020 badge
  • Tokyo badge

「私は何も変えることができません」池江選手に向けられた「五輪中止」「辞退」求める声。本人が訴えた思い

東京五輪の中止を求める声をめぐっては、「東京五輪ありきの強行施策に『辞退して』池江璃花子らアスリートに向く“矛先”」という記事を週刊女性が配信していた。

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、代表に決まった競泳の池江璃花子選手が5月7日、自身のSNSに「辞退」や「反対の声を」と求めるコメントが寄せられていることをTwitterで明らかにした。

そのうえで、「中止を求める声が多いことは仕方なく、当然」としながら、「やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて頑張るだけ」「私は何も変えることができません」などと自らの思いをつづった。

そのうえで、「選手個人に当てるのはとても苦しい」とし、「暖かく見守っていてほしい」とも呼びかけた。

時事通信

東京五輪の中止を求める声をめぐっては、「東京五輪ありきの強行施策に『辞退して』池江璃花子らアスリートに向く“矛先”」という記事をこの日、週刊女性が配信。

アスリートに対して、中止や辞退を求める声を直接SNS上でぶつける人がいることを伝えた記事で、ネット上で話題となっていた。

この夜、池江選手は「いつも応援ありがとうございます」として、Twitterに思いを連投した。内容(全文)は以下の通り。


Instagramのダイレクトメッセージ、Twitterのリプライに「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」などのコメントが寄せられている事を知りました。もちろん、私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました。

ですが、今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然の事だと思っています。私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています。

1年延期されたオリンピックは私のような選手であれば、ラッキーでもあり、逆に絶望してしまう選手もいます。持病を持ってる私も、開催され無くても今、目の前にある重症化リスクに日々不安な生活も送っています。私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。

ただ今やるべき事を全うし、応援していただいてる方達の期待に応えたい一心で日々の練習をしています。オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。

長くなってしまいましたが、わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守っていてほしいなと思います。


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌LINEの友達登録でBuzzFeed News編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here