• medicaljp badge
2020年4月1日

「不妊治療の延期を」新型コロナ感染拡大で、日本生殖医学会が声明

声明では、具体的に「人工授精、体外受精・胚移植、生殖外科手術などの治療に関しては、延期が可能なものについては延期を考慮」するよう求めた。

日本生殖医学会は4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、不妊治療の延期を選択肢として患者に提示するよう推奨する声明を発表した。

妊婦において重症化の可能性が指摘されていることや、妊婦が使うことのできない薬剤による治療が施行されていることなどがその理由という。

Okrasyuk / Getty Images

声明では、具体的に「人工授精、体外受精・胚移植、生殖外科手術などの治療に関しては、延期が可能なものについては延期を考慮」するよう求めた。

あくまで「妊娠、特に妊娠初期の胎児に及ぼす影響は明らかになっておらず、母体から胎児への感染の可能性は不明です」としつつ、先述の2点に加え、妊娠が成立したあとの感染対応に苦慮することが予想されるほか、受診や医療行為に関連したリスクにも触れた。

また、時期としては、国内での新型コロナウイルス感染の「急速な拡大の危険性がなくなるまで」もしくは「妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまで」を目安としている。

なお、声明では「国際介助生殖医療モニタリング国際委員会(ICMART)」が不妊治療を受ける人に向けたメッセージも翻訳し、掲載している。

ICMARTも「新規治療の開始を見合わせること、不妊治療に関連するその他の非緊急
処置をすべて延期することを推奨」するとしており、こうも呼びかけている。

「IVF(*体外受精)治療をすでに開始されている方には、妊娠を延期するために胚や卵子を凍結保存することをお勧めします。凍結胚や凍結卵子の使用が妊娠率に影響を与えないことは多くのエビデンスにより示されています」

「不妊治療を受けている方は、他の方と同様に、政府や地方自治体のすべての勧告にしたがってください。私たち全員が協力することで、このウイルス大流行から受ける影響を軽減できます。また、不妊治療が再開できるときに備えて心身の健康を保つ努力も継続してください」

いま妊娠中の場合は?

一方で現在妊娠中の人はどうするべきなのか。

日本産婦人科感染症学会は声明を発表しており、「妊婦さんは感染しないようにするのがもっとも重要です」として、以下のように呼びかけている。

「現時点で、COVID-19感染による催奇形性や流産、死産のリスクが高いとする報
告はありませんが、一定の頻度で子宮内感染を来す可能性が報告されていますの
で感染しないように十分気を付けてください」

不要な外出は控えるとともに、手洗いを徹底することや、時差出勤、徒歩や車の利用、在宅勤務などで「可能な限り感染リスクを下げ」るように求めている。

そのうえで、「37.5度以上の発熱や倦怠感が 2 日以上続く場合は帰国者・接触者相 談センターにご相談ください」ともし、こうも呼びかけた。

「妊娠末期(分娩前)に新型コロナウイルスに感染した妊婦さんは、指定医療機関で分娩を行うことになります。新生児とは双方がウイルス陰性となるまで面会できずまた授乳もできません」

「抵抗力を維持するために十分な睡眠とバランスの良い食事で栄養を取り、ご家族も含めて禁煙を励行してください」

UPDATE

日本産婦人科感染症学会の声明を加筆しました。


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here