• covid19jp badge
  • mediaandjournalism badge

安倍首相、朝日新聞に「アベノマスク」について問われ「御社でも販売」と反論

当初は収入が著しく減少した世帯への30万円給付の方針で補正予算を組んでいたが、公明党などの強い要請を受け、10万円の一律給付へ方針転換をした安倍首相。感染拡大防止のため、郵送やオンラインでの申請を予定しているという。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大したことを受け、安倍晋三首相は4月17日に記者会見を開いた。

現金10万円の一律給付について、二転三転したことについて「混乱を招いてしまったことは私自身の責任」とお詫びをした。

一方で、これまでの対応への評価を朝日新聞の記者に問われ、気色ばんで反論する場面もあった。

時事通信

「国民のみなさまから寄せられた様々な声や、与野党の皆様の声も踏まえまして、さらに給付対象を拡大することといたしました」

安倍首相は4月17日の会見で、国民への現金10万円の一律給付の方針を改めて公表した。

当初は収入が著しく減少した世帯への30万円給付の方針で補正予算を組んでいたが、公明党などの強い要請を受け、方針転換をした格好だ。感染拡大防止のため、郵送やオンラインでの申請を予定しているという。

一斉給付を求める声は与野党の双方からあがっていたが、安倍首相は否定し続けてきた。結果として補正予算の「組み替え」となり、後手後手の対応となり時間を要したことについては批判もあがっている。

こうした背景から、安倍首相は「ここに至ったプロセスにおいて混乱を招いてしまったことについては 私自身の責任であり、国民の皆様に心からお詫びを申し上げたい」と謝罪した。

時事通信

安倍晋三首相が全世帯への2枚配布を表明した布マスク

自らの「責任」を認めたこの発言については、会見でも記者から質問が出た。

全国一斉休校や布マスクの配布、星野源さんとのコラボ動画などに批判の声もあがっていたことから、こうした一連の新型コロナウイルスへの対応についての「自己評価」を問うものだ。

「全国一斉休校は私は判断として正しかったと思っています。あのあとですね、多くの国々で一斉休校が行われたことからも明らかではないかと思います」

「また、布マスクにつきましても、まずはサージカルマスクを医療機関にしっかり配布しながら、サージカルマスクの受注について対応をしていくうえにおいてもですね、それ以外の介護施設などについては布マスクを配布させていただきました」

この質問をしたのは、朝日新聞の記者だった。

朝日新聞をめぐっては、同社のネットショップで「布マスク」が販売されていたことが、ネット上の一部で批判を集めていた。安倍首相は会見でこの点を持ち出し、語気を強めてこう言った。

「いまこのご質問をいただいた御社のネットでも、布マスクを3300円で販売しておられたということを承知しています。そのような需要が十分にあるなかで、我々も2枚の配布させていただいたということでございます」

また、アーティストの星野源さんがSNSにアップし、コラボの輪が各方面に広がった「うちへ帰ろう」に、安倍首相が私邸でくつろぐ動画を合わせて自らのSNSにアップしたことが話題を呼んだ。安倍首相は直接、星野さんの名前に触れずにこう語った

「若い方々の感染が増えているなかで、若い方々が移動することで感染拡大する、若いみなさんにどのようになるべく自宅で外出を自粛していただくかという声を伝えるということで、様々な工夫をさせていただきました」

「もちろん、様々な批判もありましたが、賛否両論あったのだと思います。大切なのはみんなで、最低でも7割、できれば8割、人との接触を避けていくことに力を尽くしていくことではないかと思います」

そのうえで、「やるべきことはすべてやってきたが、至らない点もあった」としつつ、「今後も全力を尽くしたい」と強調した。

「いままでの現状がどうかということですが、とにかく1日もはやく収束させることに全力を尽くしていきたいと思っているところでございます。専門家のみなさまのご協力ご助言もいただきながら、やるべきことはいままで、すべてやってきたつもりでございます。もちろん至らない点もあったと思いますが、これからも全力を尽くして努力をしていきたい」


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here