• schooljp badge

学校で教えてほしかった、人生で本当に大事なこと

知っていたら、あのとき悩まなかったかもしれない。

by ,

「学校では教わらなかったけど、もっと早く知ってたらよかったのに…!」

BuzzFeed読者から届いたそんな声をまとめました。

1. メンタル部分を含むセルフケア。

Becky Barnicoat / BuzzFeed

自分を気遣うこと、メンタルケアをすることの大切さ。保健の授業では、不安や鬱、摂食障害について一切触れられることがなかった。これは、一般的に起こることで、高校生にとってもためになることだと思う。

こういう症状がでるのは、あなただけじゃないっていう基本的なことだけでも教えて欲しい。

2. 家を購入する方法。

Cathy Ngo / BuzzFeed

両親と私は、今まさに家を購入するプロセス真っ最中。なのに何が何だかさっぱり。リサーチしても、とにかく複雑。基本的なことだけでも教えてくれたら助かったのに。

3. 生理の話をしてもいい。

Maritsa Patrinos / BuzzFeed

生理の話はおおっぴらにしない。男性とはもちろん、女性間でもこのすべきではないと教え込まれた気がする。

4. 鬱という存在。

Becky Barnicoat / BuzzFeed

鬱というものがあること、どうやって鬱とつきあうべきか、それを誰か教えてくれていたらと思う。学校は1つの方向しか教えてくれなかった。いい成績をとるということだけ。

17歳で卒業して、その後どの方向に進むか自分で決めてと言われてもさっぱり。深い穴に落ちたような気持ちになって、助けてくれるセラピストを見つけるだけで1年以上もかかった。

5. パニックになったらどうすればいいのか。

Haejin Park / BuzzFeed

不安が押し寄せてパニックになったらどうすればいいのか。私が、初めてパニックに陥った時、自分1人だったので恐怖を感じた。今でもどう付き合うべきか学んでいる途中。

6. 性の多様性。

Will Varner and Sarah Karlan / BuzzFeed

学校で最初の性教育は、男女別で行われたけど、最初からみんなに全部教えればいいのにと思う。男女を分けるやり方もヘテロセクシャルという観点からのみで、私みたいなバイセクシャルの人間の助けにはならなかった。

7. 運動中の痛み。

Flo Perry / BuzzFeed

根性出せ、耐えろって言われていたけど、限界というものがあることは教わらなかった。運動によるいい痛みと、危険な痛みの違いって何なの?

8. お金の使い方。

Bravo

お金の使い方、予算の組み方を教えてくれていたらと思う。フルタイムで働いて一人暮らしを始めるまで、敷金の存在も、家賃の相場も、光熱費も、食費もさっぱり。先のことを考えずに好きに使っていた。

その結果、彼氏と同棲を始めるにあたって、資金をためるのに1年以上もかかってしまった。

9. 疑問を持つこと、調べること。

Zachary Gibson / BuzzFeed

学校では、これはこうです、これが事実で正解ですとしか教わらなかった。歴史や数字を覚えただけで、なぜこれがこうなのか、どういう理由でこうなったのかという過程は教わらなかった。

10. 真の多様性。

Paramount

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの集会をするだけじゃなくて、本当の多様性を学ぶべき。肌の色以外にも違いはあること、ゲイとストレート以外にも性はあること、社会が決める性別に違和感を感じる人がいること。

何より大切なのは、違いによって優劣をつけるべきではないこと。

11. 停電対策。

Disney

ろうそくと電池を準備する以上のことが知りたい。冷蔵庫の中身が腐らないためにはどうすればいいのか、暗闇をどう耐えればいいのか、お年寄りや子どもをどう助けたらいいのかなどなど。

12. クレジットカード・デビットカードの違い、使い方。

Mastercard / Via secretdumpster.tumblr.com

私の両親は、貯蓄や投資などお金についてたくさん教えてくれたけど、現金主義の人だったので、カードについては何も教えてくれなかった。

二十歳までクレジットカードの存在すら知らなかった。

13. 大学以外の選択肢。

Jemima Skelley / BuzzFeed

私の学校では、とにかく大学に行くことが前提で話がすすんでいた。

14. 人生は計画通りにいかない。

Warner Bros

高校の時、人生設計を考える授業があった。大学に行って、就職して、定年までそこで働くというものだったけれど、今大学生の私の卒業後の進路はまっさら。

でも、それでいいと思う。50年も同じ仕事を嫌々するよりはいい。

この記事は英語から翻訳されました。