Updated on 2019年6月30日. Posted on 2019年6月30日

    「君の名は。」の新聞広告が秀逸すぎると話題。そこには感動を呼ぶ「仕掛け」が…!

    新海誠監督も「うれしい広告です」と太鼓判。

    6月30日午後9時から、テレビ朝日系で新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が放送されます。新海監督の新作映画「天気の子」の公開記念とのこと。

    そんな中、放送を宣伝する広告がこの日の朝日新聞の朝刊(東京本社版)に掲載されましたが、そのデザインが秀逸すぎると話題になっています。

    まず27面。こちらには主人公の瀧くんが描かれています。

    Kei Yoshikawa / BuzzFeed Japan

    その真裏の28面には、同じ場所に立つヒロイン三葉の姿が。

    Kei Yoshikawa / BuzzFeed Japan

    ただ、二人の間には3年もの時間のズレがあり、同じ場所にいても会うことはできません。「君の名は。」の文字が、瀧くんの面との鏡文字になっている点にも注目です。


    ところが、この広告を光に透かすと…

    Kei Yoshikawa / BuzzFeed Japan

    なんと、光に透けた向こう側に瀧くんの姿が…!黄昏時の、あのクライマックスのシーンが、再現されています。

    よく見てみると、そこには瀧くんから鏡文字のメッセージが…!

    Kei Yoshikawa / BuzzFeed Japan

    「言おうと思ったんだ…お前が、世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって」

    粋な広告デザインに新海監督も「うれしい」

    うれしい広告です。『君の名は。』のあのシーン、会えるはずのない二人を出会わせる理屈がなかなか思いつかなくて、「誰そ彼れ」と「逢魔時」という古い日本語だけで乗り切ったのでした。いよいよ今夜放送ですね。 https://t.co/TzTjuv5cAe

    「うれしい広告です。『君の名は。』のあのシーン、会えるはずのない二人を出会わせる理屈がなかなか思いつかなくて、「誰そ彼れ」と「逢魔時」という古い日本語だけで乗り切ったのでした。いよいよ今夜放送ですね」


    Contact Kei Yoshikawa at kei.yoshikawa@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here