「私の人生の旅に加わってくれた」天皇陛下は、皇后さまへの感謝の言葉で声を震わせた

    2019年4月、お二人はご成婚60周年を迎える。

    時事通信

    85歳の誕生日を迎え記者会見に臨まれる天皇陛下=20日、皇居・宮殿「石橋の間」[代表撮影]

    85歳の誕生日を迎えられた天皇陛下。12月20日、恒例となっている誕生日前の記者会見では、感極まり、言葉を詰まらせる場面が何度もあった。

    その一つが、皇后・美智子さまとの結婚生活を回顧された箇所だった。

    皇后さまについて「心から労いたく思います」

    YouTubeでこの動画を見る

    THE PAGE / Via youtube.com

    会見では、天皇陛下が時折、言葉を詰まらせながら涙声で、これまでの結婚生活を回顧された。

    「皇后は常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれました」

    その上で皇后さまが、皇太子さま・秋篠宮さま、黒田清子さんの3人のお子様を「愛情深く育てました」と述べられた。

    時事通信

    軽井沢で静養される皇太子ご一家(長野・軽井沢町の軽井沢プリンスホテル、1969年)

    さらに天皇陛下は、皇后さまについて「深い信頼」を寄せていると言及された。

    「私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく、現在の皇后と出会い、深い信頼の下、同伴を求め、爾来(じらい)この伴侶と共に、これまでの旅を続けてきました」

    そして、自らが「天皇としての旅を終えようとしている」と表現した上で、美智子さまへのお気持ちを以下のように述べられた。

    「私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います」

    2019年4月にはご成婚60周年を迎える

    時事通信

    テニスを楽しむ皇太子、美智子さま(結婚前、1958年)

    天皇、皇后両陛下は、2019年4月末の退位直前にご成婚60周年を迎える。

    お二人の出会いは1957年8月、長野県軽井沢のテニスコートだった。この「テニスコートの恋」から、お二人の運命は始まった。

    時事通信

    天皇、皇后陛下(当時は皇太子ご夫妻)のご結婚の儀。「朝見の儀」後、昭和天皇、香淳皇后皇后との記念撮影(1959年4月)。

    ご成婚は1959年4月。パレードでは、50万人を超える人々が沿道を埋め尽くした。

    時事通信

    皇族や元貴族ではなく、平民から「お妃」となった美智子さま。国民は「ミッチー・ブーム」に大いに沸いた。皇太子ご夫妻のご成婚に、戦後の日本人は新しい皇室の姿を見た。

    時事通信

    魂魄之塔を訪れ、花束を手向ける天皇、皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻、1975年)

    およそ60年の長きに渡り、お二人は同じ道をともに歩まれてきた。

    時事通信

    葉山御用邸近くの海岸を散策される天皇、皇后両陛下(2018年2月)

    2018年12月23日、平成最後の天皇誕生日。この日をもって「平成」も残すところ128日となった。

    Contact Kei Yoshikawa at kei.yoshikawa@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here