back to top

パリで一番おしゃれな男子たちのインスタを紹介するよ!

素敵素敵!!!

こちらの男子たちは「ザ・ジェントルマン」。パリで1番オシャレな格好をした7人かも。キマってますね!

彼らのインスタグラムは、カッコいい服を着た7人の写真でいっぱい。

見てください!

こちらのブログでも、動画で取り上げられました。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

19世紀にロンドンで始まった、ダンディズムの文化。そこに、この7人はモダンなテイストを加えています。

「ダンディズムの哲学は、自由、喜び、情熱、尊敬、そしてシェアする気持ちです」
alexlookingforheroes.com

「ダンディズムの哲学は、自由、喜び、情熱、尊敬、そしてシェアする気持ちです」

29歳のモハメドは、自分の父親のファッションセンスに影響されたと話します。

「父のおかげで、僕はとても若いときからファッションにこだわりはじめました。父はジャケットや、物腰のエレガントさにこだわりをもっていました」と彼はそのブログで話しました。「父がカッコいいスーツを着て、職場から帰ってくるのが好きでした。本当に影響を受けました。親にスパイダーマンのコスチュームをねだる、同世代の少年たちとは違って、僕が本当に欲しかったのは、父が着ていたような服でした。父が僕にとって本物のヒーローでしたから」
Instagram: @alexlookingforheroes

「父のおかげで、僕はとても若いときからファッションにこだわりはじめました。父はジャケットや、物腰のエレガントさにこだわりをもっていました」と彼はそのブログで話しました。「父がカッコいいスーツを着て、職場から帰ってくるのが好きでした。本当に影響を受けました。親にスパイダーマンのコスチュームをねだる、同世代の少年たちとは違って、僕が本当に欲しかったのは、父が着ていたような服でした。父が僕にとって本物のヒーローでしたから」

26歳のマキシムは、いつもファッションに夢中です。「僕はファッションとともに生まれました。どうしてイチゴが好きなのかなんて、質問はしないでしょう。それと同じです。ただ僕の中にはファッションが存在するだけのことです」と、彼は言います

「僕はオシャレな服を着るのが好きです。僕は人前に出るのが好きです。僕は自分自身でいることが好きです」
Instagram: @alexlookingforheroes

「僕はオシャレな服を着るのが好きです。僕は人前に出るのが好きです。僕は自分自身でいることが好きです」

ダンディでいることと、衣装にたくさんのお金をかけることはイコールではないと、ヴァスタは説明します。

「スタイルの定義とはお金がいくらかかっているかではなく、服、色、布を合わせることなんです」と、彼は話しました。「ジャケットの値段は全く重要ではありません。ジャケットに10万円以上も払う必要はないのです。着ている他の服と合っていれば、高くなくていいのです」
: Instagram: @alexlookingforheroes

「スタイルの定義とはお金がいくらかかっているかではなく、服、色、布を合わせることなんです」と、彼は話しました。「ジャケットの値段は全く重要ではありません。ジャケットに10万円以上も払う必要はないのです。着ている他の服と合っていれば、高くなくていいのです」

着るものに、少し時間をかけて気を配るだけです。

素敵なスタイルをみせてくれて、ありがとう!!!