72歳の彼女は素晴らしすぎるヒップホップダンサー

    感動しちゃいます

    みなさん、こちらはトニー・バシルです。

    1982年にヒットした歌「Mickey」で彼女を覚えている方がいるかもしれません。

    (こちらの動画を見ると、しばらくこの歌が頭から離れなくなります。それが困る人は、見るのをやめた方がいいかもしれません😌)

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    80年代、彼女はトーキング・ヘッズやデヴィッド・ボウイのようなアーティストの振り付けを担当していました。それ以後、国際的なストリートダンスの大会で踊ったり、審査員をしています。

    Facebook: OfficialToniBasil

    最高にカッコいいでしょう?

    こちらの写真では、ベット・ミドラーのツアーに参加中、アデルとポーズをとっています。

    今年の夏の初め、バシルはフランス人ダンサーのボブソン・ババ・サイが開いたワークショップに参加しました。

    Facebook: video.php

    トニーの素晴らしいダンスをご覧ください!

    「私は常にダンサーでした。そして、これからもずっと1人のダンサーでいます」と、トニーはBuzzFeedに話してくれました。「ダンスは私の恋人であり、お医者さんです。ダンスのおかげで私は健康なのです」

    Facebook: video.php

    彼女のように健康になるにはどうしたら良いのか尋ねると、バシルは次のように話しました。「今すぐダンスを始めることです。最寄りのダンススタジオに走って、自分の好きな音楽で踊れるダンスを学びましょう。もしヒップホップ音楽が好きなら、ヒップホップのクラスへ行ってください。サルサが好きなら、サルサのクラスに参加してください。ダンスがあなたの中に入っていって、元気になりますよ」

    ずっとカッコいいダンスを続けてくださいね、トニー!